いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

排泄自立への援助

排泄自立への援助【いまさら聞けない看護技術】

目的 

  • 排泄の自立に向けて、適切な援助を行う

必要物品・準備

  • テープ式おむつ
  • リハビリ式おむつ
  • 尿取リパッド
  • 下着
患者のADL状況を考慮し、臨機応変に適切な下着あるいはオムツを選択する

方法

  1. 本人や家族から、健康時の排尿パターンについて聞きとり、情報収集をする
  2. 尿意や便意の有無を適宜、確認する
  3. 失語などにより尿意や便意訴えられない患者の場合も、定期的なトイレ誘導を行う
    • 失禁している患者など、尿意の訴えがない場合でも、3~ 4時間間隔、あるいは健康な時の本人の排尿パターンに合わせてトイレ誘導を行う
    • 夜間に尿器やオムツなどを使用している患者の場合でも、日中は定期的にトイレ誘導をする
  4. 就寝前に尿意がなくてもトイレに誘導し、排泄を試みてもらう
  5. 患者が尿意や便意を遠慮せずに訴えられるような環境づくりや友好的な関わりを行う
  6. 下痢や便秘にならないように注意を払い、定期的に排便コントロールを行う
    • 水分摂取の促しや、腹部マツサージを定期的に施行し、適宜、下剤や整腸薬の使用を検討する
  7. 歩行訓練をしている患者の場合、歩行に集中できるようリハビリバンツの使用を試みる
     ※テープ式のおむつは下がりやすい上、トイレでは着脱しにくい
  8. 尿路感染や脱水を起こす危険性があるため、積極的に水分摂取を促す

観察項目

  • 健康時の排尿パターン
  • 失禁の量や回数
  • 尿意・便意の有無
  • 下痢・便秘の有無

アセスメント

  • 排尿障害・排便障害が生じている場合、中枢神経の障害が考えられる
  • 脳神経疾患がある患者は、神経因性膀洸などが原因で排尿コントロールがしにくくなる場合がある

注意点

  • 患者の状態に合わせて適切な介入を行う
  • ADLの変化や排泄の自立度によって、適宜オムツの種類の変更を検討する

 

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!