いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、797トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

片麻痺患者の車いすへの移乗

片麻痺患者の車いすへの移乗【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 片麻痺患者に合った車いすを選択し、安全・安楽に車いすが使用できるよう介助する

必要物品・準備

普通型車いす

  • 自分で操作可能な患者に適している

手押し型車いす

  • 自分で操作不可能な患者に適している
  • フットレストを外すことも可能である

片手駆動型車いす

  • 片手を使用すれば自分で車いすを操作できる患者に適している
  • 麻痺側のストッパーが長く、健側からの操作がスムーズである
  • フットレストを外すことができ、手すりも持ち上がるので車いすへ移乗しやすい

リクライニング型車いす

  • しっかりと座位保持することが不可能な患者や、頸部の動きが不安定な患者に適している
  • 背もたれの部分が後方に倒れ、平行にすることが可能であり、手すりも下降するので寝たきり患者に適している

方法

  1. 患者に合った適切な車いすを選択する
  2. 患者の健側に立ち、仰臥位の状態から側臥位に体位変換を施行する
  3. 患者の両足をベッドから床へと降ろし、片手で患側の肩をしっかりと支え、もう片方の手で患側の膝をしっかりと持つ
  4. 患者の殿部を基軸として回転させながら端坐位にする
  5. 体格が大きい患者の場合、頭部を支え、挙上しながら端坐位にすることも可能である
  6. 車いすを健側の斜め30度の角度に置く 車いすの両側のブレーキをかけ、フットレストを上げる
  7. 可能な限り、車いすとベッドの高さを合わせる
  8. 電動式ベッドの場合は、ベッドよりもやや低めの位置に車いすを設置する
  9. 患者をベッドに浅く腰掛けさせ、両足を適切な位置に置く
  10. 患者の患側に立ち、患側の骨盤をしっかりと支える
  11. 健側の腋窩から手を通して、身体を支え、立たせる
  12. 健側の手は介助者の肩に回す
  13. 患者の腰部を支えながら、介助者の左右の足で患者の下肢を挟む、もしくは固定する形で立位を取り、健側の下肢を主軸にしながら回転させる
  14. 介助者の下肢で患側の下肢を支えた状態のまま、患者を車いすに座らせる
  15. 車いすに座ったことを確認してから患者の背後に移動する
  16. 両脇の下から腕を通して患者の前腕をしっかり掴んで後方へ引き寄せ、体位を整える

観察項目

  • 正しい姿勢が保持でき、安全に移乗できているか

アセスメント

  • 感覚・注意障害を持った患者の場合、四肢に対しての認識が乏しく、痛みの感覚も鈍いため皮膚損傷などの事故が起こりやすい
    ※上肢が車いすと体幹の間に挟まれていないか、患側の足がきちんとフットレストに乗っているかを確認する必要がある

注意点

  • 車いすに長時間、乗車している場合は、皮膚と車いすが接触する部分に褥瘡ができやすいため、適宜、除圧をする必要がある
  • 座位保持ができず、体勢が崩れてしまった場合は、速やかに体位を元の状態に戻す
  • 車いすと身体の間に隙間があると、座位保持が困難になる場合があるため、バスタオルを挟むなどの工夫を行う
  • 端坐位から車椅子への移乗時、座位が安定しない患者の場合、介助者は患側のベッド上に座ってしっかりと支える
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!