いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

腱反射の試験いろいろ

腱反射の試験いろいろ【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 筋反射の異常の有無を確認する

概要

  • 臨床上、重要度が高いのは腱反射、表在反射、病的反射である
  • その中でも非常に有用なのは腱反射と病的反射の二種類である
  • 刺激によって筋収縮が不随意に起こることを反射という

必要物品・準備

  • 打腱器(ハンマー)

方法

下顎反射

  1. 唇を半分開いた状態でリラックスしてもらう
  2. 下顎の真中の部分に検者の人差し指を当てる
  3. 検者の指の第一関節付近をハンマーで叩く
正常の場合は軽く閉口するか、動きがほとんど見られない

上腕二頭筋反射

  1. 軽く上肢を外側にむけ、肘を屈曲させて両手を腹部に乗せる
  2. 上腕二頭筋の腱の部分を左親指あるいは人差し指で軽く押さえ、腱の真上を叩くように、その指をハンマーで叩く
正常の場合は、前腕に軽度の屈曲が見られる

上腕三頭筋反射

  1. 前腕を曲げて腹部に乗せる
  2. 肘を直角に屈曲する
  3. 肘関節の約3cm上部のあたりをハンマーで叩く
正常の場合は、前腕に軽度の伸展が見られる

橈骨反射

  1. 上肢を軽度、外側に向け、肘を屈曲させる
  2. 橈骨茎状突起の2~3cm上方付近を軽くハンマーで叩く
正常の場合は、肘の関節に屈曲が見られる

膝蓋腱反射

  1. 左右どちらかの片膝を立て、反対の足を乗せて足を組んでもらう
  2. 膝蓋腱の位置を確認し、その部位をハンマーで叩く
正常の場合は、下腿に軽度の伸展が見られる

アキレス腱反射

  1. どちらかの脚を軽度に外転させながら、膝も軽度に屈曲してもらう
  2. 足の裏を手で持ち、足関節を手前に背屈させる
  3. この時、足関節を2~3回屈伸させ、力が抜けていることを確認する
  4. ハンマーで足関節を叩く
正常の場合は、足が軽度、底屈する

観察項目

  • 腱反射の有無と程度

アセスメント

  • 筋肉は伸展が起こると、筋伸張反射によって元の長さに収縮しようとする性質がある
  • 腱を叩くことによって、刺激が情報伝達され、下位運動ニューロンが興奮し、筋収縮が瞬間的に起こる
  • この時、上位運動ニューロンは下位運動ニューロンを抑制しているため、適度な強さで反射が起こる
  • 上位運動ニューロンに障害がある場合、下位運動ニューロンの抑制作用が働かなくなるので過剰に筋収縮が生じる
  • 反射弓を構成している要素(下位運動ニューロン、筋、神経筋接合部、感覚神経)のどれかに障害がある場合、筋伸張反射の信号が伝達されず、筋収縮が消失、または減弱する
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!