手関節のMMT評価

手関節のMMT評価【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 手関節のMMT評価を行う

方法

屈曲

  1. 患者の左右両方の肘を、胸の辺りまで上げた状態で回外90度(手の平が上側に来る状態)にし、手首から先を上に持ち上げる
  2. 患者にそのまま上腕の伸展を保持した状態で力を入れ続けるよう指示する
  3. 患者が手関節の屈曲を保持をしている間、検者も自分の手首を屈曲させ、手首を掴みながら掌同士で引っ張り合う
  4. 方法1で屈曲不可能だった場合、水平方向に手首を屈曲してもらう(台の上などに肘をついた状態で行っても可)

伸展

  1. 患者の左右どちらかの肘を、水平方向へと広げた状態で回外90度(手の平を目前の相手に向ける状態)にし、手首から先を上に持ち上げる
  2. 患者が伸展保持をしている間、検者も自分の手首を伸展させ、手首を掴みながら掌(背面)同士で引っ張り合う
  3. 方法1で伸展不可能だった場合、水平方向に手首を伸展してもらう(台の上などに肘をついた状態で行っても可)

評価

  • MMT5
    • 屈曲時:患者が屈曲保持をしている間、検者も自分の手首を屈曲させ、引っ張り合いをする際、強く力を加えても十分な屈曲保持が可能である
    • 伸展時:患者が伸展保持をしている間、検者も自分の手首を伸展させ、引っ張り合いをする際、強く力を加えても十分な伸展保持が可能である
  • MMT4
    • 屈曲時:患者が屈曲保持をしている間、検者も自分の手首を屈曲させ、引っ張り合いをする際、やや弱めた力に対して、屈曲保持が可能である
    • 伸展時:患者が伸展保持をしている間、検者も自分の手首を伸展させ、引っ張り合いをする際、やや弱めた力に対して、伸展保持が可能である
  • MMT3
    • 屈曲時:患者が屈曲保持をしている間、検者も自分の手首を屈曲させ、引っ張り合いをする状態を取ることができるが、力を加えると全く屈曲不可能である
    • 伸展時:患者が伸展保持をしている間、検者も自分の手首を伸展させ、引っ張り合いをする状態を取ることができるが、力を加えると全く伸展不可能である
  • MMT2
    • 屈曲時:水平方向に手首を屈曲してもらう際、十分に全可動域を動かせる
    • 伸展時:水平方向に手首を伸展してもらう際、十分に全可動域を動かせる
  • MMT1
    • 屈曲時:水平方向に手首を屈曲してもらう際、全可動域は不可能だが、動かすことはできる
    • 伸展時:水平方向に手首を伸展してもらう際、全可動域は不可能だが、動かすことはできる
  • MMT0
    • 屈曲時:水平方向に手首を屈曲してもらう際、全く動かすことが不可能である
    • 伸展時:水平方向に手首を伸展してもらう際、全く動かすことが不可能である
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!