いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

四肢麻痺の評価

四肢麻痺の評価【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 脳血管障害の進行や再発を早期に発見する

方法

ブルンストロームステージ(BRS:brunnstrom recovery stage)

  • 中枢神経麻痺がある場合に特徴的な運動パターンの変化を経過を追って評価可能な麻痺のスケールである
  • MMTとの区別を明確にするため、表記はローマ数字を使用している
  • BRSの評価がV以上の場合、MMTの評価も可能である。

徒手筋カテスト(MMT)

  • 末梢神経麻痺の評価として使用する
  • 明らかな麻痺がある場合、主な筋肉の筋力を徒手によって判定する
  • 6段階評価であり、ポイントは3以上・未満を判断する
  • 自立運動ができれば3以上と評価する
  • 基本的に重力が加わっている状態の場合、大腿四頭筋、腸腰筋、前肛骨筋は座位にて施行し、下腿三頭筋は立位で施行する
抵抗を加える際は、どのような時も同側の手で施行し、抵抗の条件が同じになるようにし、体重での荷重は避ける

麻痺の簡易テスト

  • バレー徴候
    • 重力に抵抗することが不可能な筋力低下(約3/5の麻痺)を評価する方法
    • 上肢の場合:開眼した状態で両腕を前に挙げ、手掌を上にし約20秒間、状態保持をしてもらう
    • 下肢の場合:腹臥位になってもらい、膝を約135度に曲げてもらう
軽度の麻痺の場合は、前腕の回内のみ見られ、手はくぼみを作った状態になる
  • ミンガッツィーニ徴候
    1. 仰臥位の状態で左右の下肢を挙げ、その状態を保持してもらう
    2. 左右の下肢の挙上が不可能な場合は片側ずつ施行する
  • フーバー徴候
    1. 仰臥位になってもらい、検者は踵の下に手を置き、片側の膝を伸ばした状態のまま、下肢を挙上する
  • ドロッビングテスト
    • 上肢:身体に対して上肢が垂直の位置に来るまで引っ張り、その状態から手を離す
    • 下肢:下肢の膝を立たせる

アセスメント

ブルンストロームステージ(BRS:brunnstrom recovery stage)

評価基準

  • Ⅰ:完全に弛緩している
  • Ⅱ:連合・痙性反応が認められる
  • Ⅲ:共同運動が出現する
  • Ⅳ:分離運動の一部出現が見られる
  • Ⅴ:全般的な分離運動の出現が見られる
  • Ⅵ:全ての運動分離が認められる

徒手筋カテスト(MMT)

評価基準

  • 0(O:ZERO)筋収縮は認められない
  • 1(T:TRACE)わずかに筋収縮が認められる
  • 2(P:POOR)重力を除外すれば全可動域が動く
  • 3(F:FAIR)重力に逆らって完全に動く
  • 4(G:GOOD)ある程度の抵抗を加えても、重力に逆らって完全に動く
  • 5(N:NORMAL)更に強い抵抗を加えても、重力に逆らって完全に動く

バレー徴候

異常の場合

  • 上肢:患側の前腕は回内し、上肢の下降がみられる
  • 下肢:徐々に下肢の落下が認められる

ミンガッツィーニ徴候

  • 異常の場合:患側では大腿・下腿が両方、徐々に下降する

フーバー徴候

  • 異常の場合:患側の下肢を上に挙げた際、強い力が健側の手に加わる

ドロッビングテスト

異常の場合

  • 上肢:麻痺側は健側より患側の方が落ちる速度が速い
  • 下肢:麻痺側は外旋位・外転の状態で外側に倒れる

注意点

  • 各検査を施行する際は、患者に負担ができるだけかからないよう、全身状態に留意し、同じ体位で測定可能なものはセットで施行する
  • 検査を実施することに対しての説明と同意を得る
  • 検査の目的や所要時間、方法について適宜、説明する
  • 徒手筋カテスト(MMT)は、6段階で評価をしているにすぎず、特定の筋肉において相対的に筋力を評価するため、別々の筋肉で測定・評価することは無意味である
  • MMT測定では、患者に指示が正確に伝達されることが必要である
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!