人工内耳の基礎知識

人工内耳の基礎知識【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 人工内耳を挿入する患者が、適切な治療を受けられるよう援助する

人工内耳とは

  • 患者の内耳蝸牛の部分に専用の電極を埋め込んで、電気刺激を与えることによって、会話を可能にする治療法である
  • 補聴器を使用しても聴こえが不十分な高度難聴者や聾に対して、人工内耳を埋め込
  • 人工内耳を使用する場合、必ずリハビリテーションを行うことが必要である
  • 聴き取りの状態はそれぞれ個人差があるので、医師や聴覚言語士らと共に連携を取り、様々な視点からの看護が必要である
  • 基本的に人工内耳の機器はスピーチプロセッサ、ヘッドセット、電極およびレシーバ・スチミュレーターから成り立っている
  • 人工内耳の適応は医師が決めることが多いが、少なくとも 純音検査において両耳が90dB(小児の場合は100dB)以上であることと、補聴器着用の効果が少ないこと(単語や文の聴き取りが30~40%以下が目安)が判断基準の一部となっている
  • 禁忌:人工内耳が挿入可能なスペースが蝸牛にない、もしくは確認できない場合(骨化や奇形は状況に応じ、可能)、聴覚中枢障害、重度精神発達遅滞、活動性中耳炎
近年、内耳に奇形がある場合でも手術適応になる症例もあるが、術後に髄膜炎や平衡障害を併発しやすい

メリット

  • 筆談が不要である
  • 会話がしやすくなり、ストレスが軽減される
  • 自分の声の音量が調節できる
  • 電話も可能になる場合もある
  • 気持ちが明るくなり、生活が豊かになる
  • 疎外感が軽減される
  • 耳鳴が少なくなる場合がある
  • 補聴器と比較すると頭痛が軽減する

デメリット

  • 状況によっては読話との併用が必要な場合もある
  • 雑音や複数の会話の中での音の聴き取りが困難な場合がある
  • 音楽を聴いても理解できない
  • ラジオやテレビの音声が聴き取りにくい場合がある

注意点

  • 人工内耳のメリットは様々なものがあるが、デメリットもきちんと認識し、受け入れてもらえるような関わりが必要である
  • 小児や先天性高度難聴者がある場合、出生時から音に対しての概念が存在していないことが多いため、人工内耳の刺激によって聴覚言語を習得すること、聴覚言語を習得する際は人それぞれ適切な時期があること、聴能訓練が必要であることを家族も含め、理解してもらう
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!