いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、797トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

疼痛管理

疼痛管理【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 術後の疼痛管理をしっかりと行うことで、早期離床を促し、術後合併症予防や患者のQOL向上を図る

方法

アイシング(冷罨法)

  • 急性期で痛みがある時は、患部を挙上してアイシングを行う
  • 患部を挙上することで腫脹が軽減し、痛みが和らぐ為、適宜クッションや枕丸めたタオル、患肢挙上台などを使用する
  • アイシングの道具としては、ジェルタイプの保冷材・クライオカフ・氷枕などがあり、部位に合わせて選択する
    • クライオカフとは、患部を包み込むカフと氷水を入れたタンクがホースで繋がったアイテムで、冷却水がホースを伝って循環し、カフ(患部)を圧迫しながら冷やすことができる

薬剤

  • 疼痛管理として最もよく行われるのが、薬物コントロールである
  • 術後の疼痛管理でよく使用されるものとして、以下の薬剤がある
    • 非ステロイド系鎮痛薬:フルルビプロフェン、インドメタシン坐薬、ジクロフェナクナトリウムなど
    • 拮抗性鎮痛剤:ブプレノルフィン、ペンタゾシンなど

持続硬膜外麻酔

  • 硬膜外腔にカテーテルを留置し、脊髄の前根と後根をブロックし疼痛を抑える方法で、カテーテルは手術室で留置される
  • 胸腹部や下肢など、様々な部位の術後疼痛管理に用いられ、疼痛の状況に合わせて、通常術後2~5日目で抜去される
  • 持続硬膜外麻酔でよく使用されるものとして、以下の薬剤がある
    • 麻薬性鎮痛剤:クエン酸フェンタニル、塩酸モルヒネなど
    • 局所麻酔薬:塩酸ロピバカインなど

PCA(patient controlled analgesia)

  • 静脈にカテーテルを留置し、患者自身が痛みの程度に合わせて鎮痛薬を追加する方法
  • 看護師が薬剤を準備する時間が省略できるため、患者を待たせることがなく、患者の満足度が高くなるとされている
  • PCAでよく使用されるものとして、以下の薬剤がある
    • 麻薬性鎮痛剤:クエン酸フェンタニル、塩酸モルヒネなど

観察項目

  • 患者の訴え:部位・種類・強さ・頻度など
  • 痛みを訴えている部位の状態:腫脹・熱感・出血の有無・皮膚色の変化など
  • 表情:苦痛様表情・冷や汗や顔面蒼白の有無など
  • バイタルサイン:頻脈・血圧の変動・呼吸状態の異常・発熱の有無など
  • 痛みがどの程度ADLに支障をきたしているか
  • 夜間の入眠状態
  • 食欲

アイシング

  • 氷の量や冷感、保冷財の冷感
  • アイシング部位の皮膚の状態

薬剤

  • 既往歴(薬剤アレルギーの有無、胃潰瘍、肝障害、腎障害、血液異常など)
  • 坐薬使用前後の血圧
  • 坐薬使用後、しっかりと除痛できているか
  • 薬剤の使用間隔

持続硬膜外麻酔

  • カテーテルの固定はしっかりと行えているか
  • カテーテル刺入部の皮膚の状態:疼痛や出血、テープかぶれの有無
  • 呼吸状態:回数、リズム、酸素飽和度など
  • 排尿困難の有無
  • 時間当たりの薬剤注入量と残量
  • 下肢のしびれや麻痺の有無

PCA

  • カテーテルの固定はしっかりと行えているか
  • カテーテル刺入部の皮膚の状態:疼痛や出血、テープかぶれの有無
  • 呼吸状態:回数、リズム、酸素飽和度など
  • 時間当たりの薬剤注入量と残量

アセスメント

  • 疼痛の感じ方は人によって大きく違うため、「その人にとっての痛みの強さはどうか」という視点が重要となる
  • 疼痛を客観的に把握するため、薬剤を使用する前後でVAS(visual analogue scale)やフェイススケールを用い、薬剤の効果を確認する
  • 痛みが強くなる時間帯や動作等の情報はチーム全体で共有し、それに合わせて鎮痛薬の使用やケアの方法を考える

アイシング

  • 氷の角が当たることで、患部に痛み刺激を与えていないか確認する

薬剤

  • 除痛効果が得られない時には、疼痛の原因を追及する
  • 薬剤の効果が消失してくる頃を見計らって、あらかじめ薬剤を使用する

持続硬膜外麻酔

  • 患者の理解度によって、自己抜去の恐れがあるため、指導・観察が重要となる
  • 薬剤が予定量注入出来ていない時は、刺入部からの漏れやチューブの閉塞がないか確認する
  • 下肢の知覚異常や麻痺などが出現した場合は、すぐに医師に報告する
入眠中の呼吸状態には特に注意が必要で、異常があればすぐに医師に報告する

PCA

  • 患者の理解度によって、自己抜去や過剰投与の恐れがあるため、導入の際や使用中の指導・観察が重要となる
  • 薬剤が予定量注入出来ていない時は、刺入部からの漏れやチューブの閉塞がないか確認する
入眠中の呼吸状態には特に注意が必要で、異常があればすぐに医師に報告する

注意点

  • 痛みを我慢しすぎる患者には、術後の疼痛管理の目的を説明し、本人が安心して鎮痛剤を使用できるよう促す
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!