いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

CPM訓練のポイント

CPM訓練のポイント【いまさら聞けない看護技術】

CPM訓練の概要

  • CPM(continuous passive motion)とは、持続的他動運動の略である
  • 関節可動域(ROM)運動には自分の力で行う自動運動と、他者から外力を加えて行われる他動運動がある
  • CPMは四肢に対し、器械を使ってゆっくりとした往復のROM運動を持続的・反復的に与える訓練である
  • 徒手によるROM訓練と比べ、CPMの方が患肢を保持する面積が広く安定感があり、さらに運動のスピードや可動域を一定に保つことが出来るという利点がある

cpm

目的

  • 関節拘縮予防
  • 関節可動域(ROM)の獲得
  • 皮膚・靱帯・軟骨・腱などの創治癒促進
  • 疼痛や腫脹の軽減

方法

  1. 訓練前には必ず、疼痛の有無やバイタルサインをチェックする
  2. 患部に腫脹や熱感、出血等の有無を確認する
  3. CPMの実施目的を患者に説明したうえで、器械をベッド上に設置する
  4. 大腿・下腿の長さと、足関節の角度を調整し、患者に合った状態で装着する
  5. 運動の速度と可動域の設定を行う (可動域は主治医の指示によるので、カルテを確認しておく )
  6. 設定後は患者自身がスタートボタンを押せるように、手元にコントローラーを設置する
  7. 医師の指示通りの時間で訓練を行い、終了時刻に合わせて訪室し、器械を除去する
  8. 訓練後、患部の疼痛や熱感・腫脹の有無を確認する
患者の希望によって、訓練後にクーリングを行うこともある

観察項目

  • 疼痛の有無と程度
  • CPMが適切に取り付けられているか(膝関節・足関節の位置は正しいか、バンドの締め付けはきつくないか)
  • CPM訓練開始前後の患部の皮膚状態(発赤・腫脹・熱感・出血の有無)
  • CPM訓練開始後の訴え、表情(疼痛の増強や苦痛様表情はないか)

アセスメント

  • 医師の指示通りの角度で設定していても、疼痛の増強や皮膚の突っ張り感などを認めた場合はすぐに中止し、医師に報告する

注意点

  • 看護師が離れている間に痛みが強くなった場合などは、我慢せずに手元のコントローラ―で緊急停止し、ナースコールで看護師を呼ぶよう、説明しておく
以下の場合、CPMは禁忌となる
●化膿性関節炎や腱鞘炎を認める場合
●内固定や人工関節が不安定な場合
●術後出血が続く場合
●感染症が疑われる場合

 

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!