いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

急性中耳炎患者の術前・術後ケア

急性中耳炎患者の術前・術後ケア【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 鼓膜切開術を施行する患者に適切な看護を行う

必要物品・準備

  • 鼓膜麻酔器(イオントフォレーゼ)
  • 麻酔薬(キシロカインなど)
  • ガーゼ(耳用のサイズにカットされたコメガーゼ)
  • 鼓膜切開刀
  • タイマー
  • ローゼン吸引管
  • 吸引器および吸引チューブ

方法

  1. 患者に目的と方法について説明する(乳幼児の場合は保護者にも説明する)
  2. 事前に鼓膜麻酔の準備を行い、施行する
  3. 鼓膜切開を施行する
出血が見られた場合はアドレナリン付きのコメガーゼを耳内に挿入し、圧迫止血を行う
乳幼児の場合は、処置に対する恐怖感や不安感が強く、保護者に協力を依頼しても、きちんと固定することが困難なため、2~3人程度で、患児を抱いて四肢体幹の保持をする役、頭部の固定を行う役、声かけで安心感を与える役などを分担して行うことが望ましい

アセスメント

  • 膿の排泄と中耳炎分泌液が貯留することによる中耳腔の圧力上昇に伴う発熱、耳閉、強烈な耳痛の緩和および聴覚障害の改善を目的に行う
  • 鼓膜に膨隆・発赤があり、高熱や激しい耳痛を伴う場合や、自然穿孔が存在しているにも関わらず、排膿が不十分な場合、鼓膜切開の適応となる
  • 乳幼児の場合は早期対応が望ましいため、鼓膜に光沢を失っている程度でも切開を施行する場合が多い

看護のポイント

  • 鼓膜切開の施行により、難聴が起こるのではないかと心配する保護者もいるため、鼓膜切開後に耳漏がなくなれば自然に切開創は閉鎖することや逆に鼓膜切開を施行しないことで治癒が遅くなり、難聴になる可能性があることを説明する
  • 鼓膜切開施行後は耳漏が流出しやすい状態であるため、湿らせたガーゼなどで耳介周囲を拭き取り清潔を保つよう説明する
  • 鼓膜切開当日の入浴は控え、洗髪や入浴、あるいは水泳の時期は医師の指示に従う
  • 鼻を強くかむことは避けるよう説明する
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!