いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、797トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

耳管狭窄症患者のケア

耳管狭窄症患者のケア【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 耳管狭窄症患者に適切な看護を行う

疾患の概要

  • 鼻咽腔の炎症などが原因で、通常より耳管が開きにくくなっている状態を耳管狭窄症といい、耳閉感や嚥下時の耳の違和感、軽度の難聴などの症状がある
  • 耳管咽頭口に分泌物の貯留や発赤あるいは浮腫などがみられ、耳管機能検査では狭窄型の所見を呈する
  • 耳痛やひどい難聴の症状がある場合は、中耳炎が進行している場合が多い
  • 耳管狭窄がある状態で、ダイビングや航空機での圧力の変化が生じると、耳痛や難聴などを伴う中耳圧外傷が起こり、めまいや鼓膜穿孔を生じることもある
  • 原因の多くは上気道炎症によるものであり、上咽頭炎、アレルギー性鼻炎、ウイルス性の鼻かぜなどである
  • また、上咽頭癌やアデノイド増殖症やなども耳管狭窄の誘因になる
  • 耳管狭窄症の所見としては、鼓膜の軽度陥凹、聴力の軽度低下、ティンパノグラムではCタイプのこともあるが、いずれもほぼ正常の場合もある

治療

  • 基本的に抗生物質の内服や、消炎薬、抗生物質入りのステロイド吸入などで、上咽頭の炎症の治療を行う
  • 耳閉感が著明な場合、耳管通気法を行うこともある
耳管通気法を施行する際はしっかりと頭部を押さえるなどの工夫が必要である

観察項目

  • 耳閉感や嚥下時の耳の違和感の有無と程度
  • 耳痛の有無
  • 難聴の有無と程度
  • めまいの有無

アセスメント

  • 特徴的な訴え(耳の違和感・閉塞感、聞こえにくい、嚥下時に耳の中で音が聞こえる、など)についての問診を行ったか
  • ダイビングの経験や、航空機による移動の頻度についても確認しているか
  • ウイルス性の鼻炎や上喉頭炎の既往についての問診を行ったか

看護のポイント

  • ダイビングや航空機などの環境圧の変化に身を置くことは極力避けるよう指導する
  • 治療が長期にわたることもあるため、服薬の重要性についての指導を行う
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!