マヒがある時の側臥位1 麻痺側が下

マヒがある時の側臥位1 麻痺側が下【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 麻痺のある患者に適切な側臥位がとれるように援助する

必要物品・準備

  • 体位変換用枕など
いろいろなサイズや形のものがあるので、患者に合わせて使い分けるとよい。
ただし、硬すぎると血流障害を起こすため注意。
最近は低反発のものや通気性に優れたものもある。

方法

  • 頭部:肩が後方に引っ張られ、反り返りが起こらないように枕などを用いて支える
  • 背部:体幹の安定を図るために、全体的なバランスを見ながら、枕などで支える
  • 上肢:麻痺側の肩は無理のない範囲で前側にゆっくりと引き出す
  • 下肢:体幹の捻転を防止し、安定した姿勢保持をするため、両下肢の間に枕を挟むなどして支える

観察項目

  • 体位変換、体位保持による患者の苦痛の有無
  • 肩の反り返りの有無
  • 体幹の安定状態
  • 圧迫やずれの有無(特に麻痺側)

アセスメント

  • 患者の状態に合わせた良肢位を保てているか
  • 意識障害のある患者でも、苦痛様の表情などから良肢位であるかを確認しているか
  • 麻痺側に体重がかかることによる、過度な圧迫や接触を受けていないか

注意点

  • 麻痺側は運動知覚障害や筋ポンプ作用の低下による循環障害を生じやすいため、麻痺側が下になる姿勢を長時間保持することは避ける
  • 患側(麻痺側)の上肢が体幹の下敷きにならないようにする
  • 意識障害のある患者でも、良肢位を保つことにより覚醒を促す効果が期待できる

※【2017年3月2日】本文について 加筆・修正いたしました。

本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!