いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

鼻領域での画像検査

鼻領域での画像検査【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 鼻領域での画像検査を行う患者に適切な看護を行う

概要

  • 画像診断は、病変の存在を明確化し、正常と異常部分の境目を判定するだけでなく、異常箇所の分布や進展範囲を示す目的で用いられる
  • 単純レントゲン:基本的な検査として用いられる
  • CT、MRI:レントゲンだけでは炎症性疾患についての解明が不十分な場合、副鼻腔手術の術前評価、腫瘍の疑いがある場合に用いられる

レントゲン

  • ウォーターズ法:上顎洞の観察に適する
  • コールドウェル法:篩骨蜂巣や前頭洞の観察に適する
  • メリット:被爆量が少ないだけではなく、撮影も簡便で、全体像(副鼻腔の大きさや位置など)が把握しやすい
  • デメリット:頭蓋顔面骨が複雑に重複しているため、病変の箇所を詳細に特定したり、副鼻腔内に貯留液が存在する場合は粘膜の肥厚程度を判別することが難しい

MRI

  • T1強調画像とT2強調画像があり、T2強調においてほとんどの副鼻腔貯留液と炎症性粘膜は高信号を示し、悪性腫瘍ではほとんどの場合、低~中等度信号が認められる
  • 良性・悪性腫瘍などの鑑別が可能である
  • メリット:CTと比較すると放射線被爆がなく、病変の進展や性状の描出に優れている

CT

  • 鼻のCTを撮る際は、基本的に軸位断にて撮影をするが、鼻・副鼻腔の領域では冠状断CTを併用して撮影を行うと、より病変部位をイメージすることが可能になりやすい
  • メリット:骨の病変を抽出することに優位であるため、腫瘍の破壊、骨浸潤や外傷を明らかにしやすい
  • 手術前には、造影CTが有用である

アセスメント

  • 検査の特性を理解し、必要事項の問診が確実に行えているか
  • それぞれの検査に対するオリエンテーションを行っているか

注意点

MRIでは、ペースメーカー使用中、脳神経外科領域の手術後でクリップ使用中、人工内耳装着、外傷で金属が体内に残存している場合、閉所恐怖症がある患者は禁忌である
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!