いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

オートレフケラトメータでの視力検査のポイント

オートレフケラトメータでの視力検査のポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • オートレフケラトメータでの視力検査を行う患者に適切な援助をする

検査の概要

  • オートレフケラトメータは、他覚的屈折検査を行う目的で使用され、乱視・近視・遠視の軸や度数、角膜曲率半径を測定する
  • 屈折異常の種類・有無を知り、このデータを基に眼鏡処方の度数を決定したり、視力検査をするための参考として用いる
  • 操作が簡単かつ短時間で測定可能であるため、日常的に使用される
  • レフラクトメータの測定は、角膜不正乱視や透光体混濁(白内障など)の存在あるいは瞳孔が極端に小さい場合、激しい眼振がある場合などは測定値の信頼度が低くなる、もしくは測定不可能となる場合もある
  • 弱視や斜視が疑われる幼児の場合は、この検査で屈折異常が把握できるため、視力検査の施行が難しい場合は、調節麻痺後(調節麻痺薬を使用)の値を基準にして眼鏡処方を行う
  • 屈折検査には検影法もあり、この検査の扱いには熟練が必要だが比較的精度が高く、どんな体位であっても測定可能であるため、特に乳幼児の検査に最適である

必要物品・準備

  • オートレフケラトメータ

方法

  1. 電源を入れ、測定モードの設定を行う
  2. 椅子に座ってもらい、台の高さといすの高さを調整して、楽な姿勢が保持できるようにする
  3. 検査内容について説明を行う
  4. 顎を台にを載せ、額を額当てに軽く当ててもらう
  5. 必要時、あご台を動かして適切な位置に調節する
  6. 患者の角膜が画面中央に現れるようにジョイスティックを動かして調整する
  7. 焦点を合わせて測定を行う
  8. 睫毛や眼瞼かかっている場合、上眼瞼を挙上する
  9. 測定中は数秒間、まばたきを我慢してもらい、目を大きく開眼させて見てもらう
  10. 右眼を測定した後、手前に一度、ジョイスティックを引っ張り、左眼の測定に移る
  11. 両眼の測定終了後、プリントアウトする

観察項目

  • 検査の理解度
  • 検査結果

アセスメント

  • 検査の方法と原理を理解しているか
  • 検査結果(以下の項目)を把握できるか
    • VD(角膜頂点間距離):角膜の頂点からレンズ後面までの距離で、通常は12㎜に設定されていることが多く、この距離で正視とするのに必要な眼鏡屈折度が測定されている
    • PD:瞳孔間距離(両眼の瞳孔の間の距離)
    • 左右(R、L)の測定値
      • S:球面屈折値
      • C:円柱屈折値
      • A:軸角度
    • ケラトメータ代表値:左右の測定値が3個以上あると印刷される
      • R1:弱主経線
      • R2:強主経線
      • AVE:R1とR2の平均
      • ㎜:曲率半径
      • D:屈折値
      • deg:角度
      • CYL:角膜乱視量
      • 中でも、CYLとdegの数値は、レンズを使用した視力検査(眼鏡の度数の測定)の際、乱視用レンズの度数と方向の参考となる

注意点

  • 幼児の場合、集中できる時間が短いので興味を持ってもらうための工夫を行う
  • 頭位が微妙に変動することによって、軸や乱視度の測定値に変動がみられる場合がある
  • 弱視や斜視が疑われる幼児の場合、調節麻痺薬を必ず使用して屈折検査を行い、屈折異常の有無を確認する必要がある
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!