いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

検体検査22 微量金属検査のポイント

検体検査22 微量金属検査のポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 生体の発育や成長・正常な生理機能、生命の維持に必要不可欠な、微量金属について検査を行う

観察項目 

鉄検査

  • 基準値:男性82~136μg/dL 女性 73~117 μg/dL
  • 高値の場合:溶血性貧血、再生不良貧血など
  • 低値の場合:出血、鉄欠乏性貧血、透析など

亜鉛(Zn)検査

  • 基準値:80~130μg/dL
  • 高値の場合:アジソン病、溶血性貧血、甲状腺機能亢進症など
  • 低値の場合:肝障害、低栄養、炎症性腸疾患など

銅検査

  • 基準値:成人71.5~93.3μg/dL
  • 高値の場合:白血病、アジソン病など
  • 低値の場合:摂取不足、ウィルソン病など

アセスメント

  • 鉄(Fe)は、Hb(ヘモグロビン)の合成に関与する造血機能を主に反映する検査であり、鉄過剰や鉄欠乏に起因する治療効果の判定や疾患の鑑別に用いられる
  • 亜鉛(Zn)検査は 亜鉛の欠乏症や栄養状態を把握するための検査である
  • 亜鉛は生体内酵素に必要な金属であり、不足している状態だと、味覚・臭覚の障害や成長遅延などの症状が出現するが、十分量が保持できていれば、手術後の傷や褥瘡の回復に効果があるといわれている
  • 銅(Cu)は銅酵素を構成する重要成分であり、主に銅欠乏状態を疑う場合に施行する
  • 銅は造血・骨代謝などに関与しており、欠乏状態の場合、成長障害や精神運動発達遅延が現れる

注意事項

  • 器具や採血管などの汚染検査結果が偽高値となるため、清潔なものを使用する
  • 抗凝固剤(キレート剤)が添加している採血管は禁忌である
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!