いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、797トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

検体検査30 感染症(遺伝子検出)検査のポイント

検体検査30 感染症(遺伝子検出)検査のポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 感染症(遺伝子検出)検査のポイントについて理解する

必要物品・準備

  • 検体を採取するための器具や保管するための容器 ※検査する検体により採取するための器具や保管するための容器に違いがある
    • 喀痰:喀痰採取用の綿棒、綿棒専用の滅菌スピッツなど

検査の概要

  • 項目:核酸増幅同定(非結核性抗酸菌・結核菌群)
  • 測定法: PCR法、TMA法、TRC法
  • 測定検体:胃液、髄液、喀痰、膿、胸水、尿など
  • 基準値:陰性
  • 検出限界:理論的には1つの菌が存在していれば検出可能だが、実際には不明確である
  • PCR法:
    • 検体中に含まれている、極めて微量な病原体のDNAサンプルから、特定のDNA断片を短時間に大量に増幅し、病原体の同定を行う方法
    • 高感度かつ病原体の特性が高いが、比較的時間がかかる
  • TMA法:
    • 検体中に含まれている、極めて微量な病原体のDNAサンプルから、逆転写酵素とRNAポリメラーゼを用いて、RNAを増幅させて病原体の同定を行う方法
    • 高感度かつ病原体の特性が高い
  • TRC法:
    • TMA法と同様、検体中に含まれている、極めて微量な病原体のDNAサンプルから、逆転写酵素とRNAポリメラーゼを用いて、RNAを増幅させて病原体の同定を行う方法
    • TRC法では、RNAの増幅と同定を同時に行うため、比較的検査時間は短い
    • 高感度かつ病原体の特性が高い

アセスメント

  • 抗酸菌が可視化できて発育するまでに数週間かかるため、PCR法などで特異遺伝子を直接検出する

注意点

  • 検査結果が陽性となっても、必ずしも生きた菌であるとは言い切れないため、過去の感染した経過は判定できるが、今現在感染状態が続いているか否かの判定は難しい
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!