いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

胃管挿入患者のケア

胃管挿入患者のケア【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 胃管挿入患者に行うケアとそのポイントについて理解し、安全に実施する

必要物品・準備

必要物品

  • 患者の状態に応じて準備する
  • ミルキングローラー
  • 排液バッグ
  • 口腔ケア物品

準備

  • 患者の状態により胃管挿入の目的が異なるため、正しく理解しアセスメント・看護につなげる
    • 手術中より挿入されてくる場合:胃内容物の吸引や縫合不全・嘔吐予防のための減圧などが多い
    • 食道や胃疾患系の手術の場合:出血の有無を確認する役割を果たす

方法

  1. 排液の観察を行う
    • 胃管からの排液の量・性状や色、臭気、脱気の有無を観察する

    胃切除後に排出される胃内容物の性状について

    • 無色透明:正常
    • 黄色、黄緑:胆汁や腸液の逆流
    • 褐色、黒色:古い出血
    • 鮮紅色:新しい出血
  2. 適宜ミルキングを行い、有効に排液誘導をする
    • 胃管より血性排液がある場合:凝血のため有効にドレナージが行われていない
      • 胃管が閉塞・胃の膨満による嘔気・嘔吐を誘発する
      • 誤嚥のリスクがある
    • 術後の場合:吻合部に過剰な圧がかかると縫合不全の原因となる
      ミルキング
      胃管の中に溜まった排液を、手で加圧したり専用のミルキングローラーを使い、排液を押しだす作業のこと
  3. 持続留置による固定部位の皮膚トラブルを予防する
    • 長時間のテープ固定により、発赤やびらんなどの皮膚トラブルを起こしやすい
    • 適宜テープを交換し、固定位置はを少しずつずらす
  4. 患者の状態に応じた指導を行う
    • 胃管の屈曲・閉塞防止:臥床時に身体の下にチューブが入らないように説明
    • 胃管の排液逆流防止:歩行時・臥床時は胃管・排液バッグが挿入部より下に位置するように説明
    • 胃管抜去予防:胃管の挿入・留置の目的について十分説明し、洗面時や顔に触れる場合には注意するよう説明
    • 意識障害がある場合:自己抜去のリスクが高くなるため、周囲の環境整備も含め、家族の理解・協力を得る
    • 感染症予防:口腔内自浄作用が低下し自己排痰が困難になるため感染リスクがある
    • 口腔ケア:可能であれば患者自身が歯磨きを行うが、困難な場合は適宜口腔ケアを行う

観察項目

  • 基礎疾患、手術の有無、安静度、ADL
  • 患者の意識レベル、理解度、精神状態
  • 胃管の種類、固定位置・固定方法、挿入長さ
  • 胃管からの排液の量と性状、臭気、脱気の有無
  • 胃管固定部位の皮膚状態(発赤、びらん、テープかぶれの有無)
  • X線検査での胃管の留置部位の確認、血液検査結果
  • 治療方針とその内容、患者・家族の受け止めの状況

アセスメント

  • 胃管挿入の目的を理解し、患者の状態に応じた観察を行い、異常の早期発見・対処に努めたか
  • 胃管挿入に伴う合併症を理解し、予防に努めたか
  • 胃管抜去を防止するため、患者への指導を含めた対策を取ることができたか

注意点

  • 手術後の患者は胃管は苦痛を伴い自己抜去のリスクがある
    ※麻酔の影響や環境の変化により精神状態が不安定となりやすい
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!