いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

声帯ポリープ患者への対応

声帯ポリープ患者への対応【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 声帯ポリープ患者へ適切な対応を行う

疾患の概要

  • 声帯ポリープとは声帯に生じる良性の腫瘤であり、様々な色や大きさがある
  • 咳払いや、音声の酷使などで声帯に刺激が生じ、粘膜の出血や血液循環障害が起こり、ポリープが形成される
  • 赤いポリープの場合、病変部においてフィブリンや赤血球が血管外に見られ、毛細血管の破綻や新生が起こっている
  • 白いポリープの場合、膠原線維の増生や浮腫が大部分を占めている
  • 主症状は頃声であり、その程度はポリープの大きさ、硬さ、発生部位などによって変化する
  • ストロボスコープでは、病変部位での粘膜波動障害が起こり、両側の振動位相のずれなどが見られる

治療

  • 有茎性で、小さいポリープの場合、日帰り手術が可能だが、多くの場合は、全身麻酔下での喉頭微細手術(ラリンゴマイクロサージェリー)を施行する

日帰りで行うポリープ摘出術

  • 咽頭内の吸入麻酔を施行後、フレキシブルファイバーを鼻内より挿入し、テレビモニターで声帯を拡大視しながら、ホリープを摘出する
  • 吸入麻酔施行時、普通の呼吸でも十分に麻酔の効果があることを説明し、過換気予防のため、大きな深呼吸をしないよう指導する
  • 手足の痺れや気分不快が生じた場合はすぐに中止し、バイタルサインの観察を行う
  • 術後は約3日間、発声禁止とする

喉頭微細手術(ラリンゴマイクロサージェリー)

  • 気管内挿管による全身麻酔またはNLA(神経遮断麻酔)で手術を施行する
  • 患者は仰向けとなり、口から喉頭鏡を入れ、手術用の顕微鏡で声帯を拡大し、ポリープを摘出する
  • 術後は一定期間の沈黙が必要である
  • ポリープを切除した部位は粘膜が露出した状態であり、発声によって粘膜の創傷治癒が遅延するため、一定期間(約5~7日間)発声を禁止する
  • 術後に粘膜浮腫を防止するため、点滴内にステロイドを混注する場合もある
  • 術後、空気の乾燥は避けるようにし、吸入療法も併用する

観察項目

  • 嗄声の有無と程度
  • 術後の咳の有無と程度

看護のポイント

  • 発声禁止の期間は意思疎通の方法(筆談、合図など)の工夫を行い、コミュニケーションがスムーズに行えるよう配慮する
  • 可能な限り、術後の咳払いは避け、咳をしそうな場合は水分摂取をしてもらうが、持続する場合は、鎮咳薬の内服を検討する
  • 発声の許可が出た後も、長時間の発声や大声を出すことは避け、必要時はボイストレーニングなどを行い、正しい発声ができるようにする

 

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!