いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、797トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

過活動膀胱患者へのケアのポイント(外来)

過活動膀胱患者へのケアのポイント(外来)【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 外来に来た過活動膀胱患者へのケアを適切に行う

概要

  • 疾患の定義は「尿意切迫感(抑えられない強い尿意が急激におこり、我慢が困難なもの)があり、通常は頻尿と夜間頻尿を伴うもの」である
  • 原因は、脳や脊髄などの神経障害と、加齢や骨盤底の脆弱化や前立腺肥大などがあるが、多くの場合は原因が特定できない突発性過活動膀胱である
  • このほか、脳血管障害や糖尿病、内服中の薬剤の種類でも起こる場合がある

症状

  • 尿意切迫感、頻尿、切迫性尿失禁など

治療

  • 初期:生活スタイルの改善、カフェイン・アルコールの制限、水分の過剰摂取の制限、骨盤底体操や膀胱訓練など
    ※さらに抗コリン薬による薬物治療を行う場合もある
  • 初期治療に反応しない場合:電気刺激、磁気刺激、さらに外科的治療を行う場合もある
    • 外科的治療:尿道スリング手術、水圧拡張、ボツリヌストキシンの膀胱内注入など

看護のポイント

問診

  • いつからどんな症状があったかなど、不安や緊張、羞恥心などを考慮しながら十分に問診を行う
  • 急な尿意と失禁がある時は、切迫性尿失禁の合併を疑う
  • 排尿量、1日の排尿時間、失禁の状況、水分摂取量などの情報から、頻尿の原因が多尿なのか膀胱容量の減少なのかを判断する
  • 既往歴として脳血管障害や糖尿病などの有無、内服中の薬剤の種類などを確認し、過活動膀胱の原因を把握する
  • 排尿状態のみならず、どんなことに困っているのか、どのようになりたいのかなどについて、医療者と患者で情報を共有する

診察

  • 外尿道口の位置異常、膀胱膣瘻による腟からの失禁の有無を確認することで、 過活動膀胱と他疾患の鑑別が可能である

検査

  • 腹部超音波検査や検尿などで尿道、膀胱、腎臓の異常を確認する
  • 尿流動態検査
    • 尿流動態検査には様々な方法があるが、重要な検査は尿排泄機能を最も反映する残尿測定である
    • 残尿量が100~150mL以上ある場合は、頻尿や難治性尿路感染症などの原因となる
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!