いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

検体検査36 便検査のポイント

検体検査36 便検査のポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 便検査のポイントについて理解する

必要物品・準備

  • 検体を採取するための器具や保管するための容器

検査の概要

  • 基準値:陰性

免疫学的方法

  • 大腸ポリープや大腸がんなどの下部消化管出血が見られる疾患のスクリーニング検査に適しているが、上部消化管出血に関しては偽陰性となることがあるため、臨床症状なども含めた上で考慮する必要がある
  • 長期保存は不可能だが、24時間以内の保存の場合は4℃で冷蔵保存を行う
  • 酵素免疫測定法(EIA法) 
    • 凝集法:多くの施設で行われている検査法である

化学的方法

  • 検出感度は免疫法より低い
  • オルトトリジン法:フェノールフタレイン法と同様で鋭敏な検査法である
  • グアヤック法:感度が一番低いとされている検査法であり、この検査が陽性の場合は確実に潜血があると考えられる
  • フェノールフタレイン法:感度が一番高いとされる検査法であり、この検査が陰性の場合は、潜血なしと確実に判定できる

アセスメント

  • 消化管出血には様々な原因があるが、上部消化管に大量の出血がある場合は、黒色のタール様下痢便、下部消化管に大量の出血がある場合は、鮮紅色の血便が見られる
  • 微量な出血の場合は、肉眼では出血が確認できないこともあるため、免疫学的もしくは化学的方法により便中にあるヘモグロビンの検出を試みる
  • 便潜血反応検査は、検査を施行した際に初めてわかる程度の消化管出血の有無を知るためのスクリーニング検査である
  • 現在は、検査前準備が不要である、検出感度が良い、ヒトヘモグロビンに対して特異度が高いなどの理由から免疫学的方法が最も多く用いられている

注意点

化学法

  • 通常の場合、最低3日前から、潜血食(肉・魚類およびそれらの製品、大根、人参、ほうれん草、ネギ、トマトなどの生野菜を含まないもの)を摂取してもらうが、便秘などの症状がある場合は、長期間の摂取が必要である
  • サプリメントなどの摂取は疑陽性になりやすく、特にビタミンCの場合は疑陰性になる可能性が高いため、摂取を控えてもらう
  • 鼻出血や口腔、咽頭などの出血でも陽性反応が出るため、血液混入に注意する必要がある
  • 便の中は血液が均等に混入していないので、なるべく内部の数ヵ所から均等になるよう採取を行う

免疫学的方法

  • トイレ洗浄剤などの混入がある場合、疑陰性になることがある
  • 採取から時間が経過した古い便の場合、検出感度が低くなることがある
いずれの検査も、検出感度を上昇させるため、2日~3日連続で検査を行うことが望ましい

便中白血球の検査の場合

  • 乳幼児のミルクアレルギーや消化管感染がある場合、便中に白血球がみられることがある
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!