いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

CVポート埋め込みの介助

CVポート埋め込みの介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • CVポート埋め込み術の流れと必要物品、ケアのポイントについて理解し、ケアを行う

CVポートとは

  • 完全に皮下へ埋没する中心静脈アクセスポートのことである
  • 本体部分を皮下に、カテーテルを静脈に留置する
  • 高カロリー輸液や化学療法の輸液路とするため、必要時に専用針で穿刺する
  • CVポートのルート挿入部位には鎖骨下静脈、大腿静脈、内頸静脈がある
  • 一般的に推奨されているのは鎖骨下静脈である
  • メリット:
    • 静脈経路の注入がいつでも可能
    • カテーテル挿入に起因する感染症の予防ができ、長期留置が可能
    • QOLが向上し、外来通院での化学療法が可能
  • デメリット:
    • 専用穿刺針のコストがかかる
    • 管理のための処置を要し、穿刺時の痛みがある
    • 異物留置に起因する合併症発生のリスクがあり、カテーテル関連の血流感染が起きた場合は抜去が必要

必要物品・準備

必要物品

  • CVポートキット
  • 滅菌ガウン、滅菌手袋、滅菌ドレープ、マスク、キャップ
  • メス、縫合糸、縫合セット
  • 剥離鉗子
  • 消毒薬、滅菌ガーゼ、綿球
  • ヘパリン、生理食塩液
  • 局所麻酔薬
  • シリンジ(10ml)、注射針(18G、23G)は必要本数を準備する
  • ディスポーザブルエプロン・手袋

準備

  1. 介助者の装備を整える
    • 処置の前後で手洗い・うがいを行う
    • 介助者はディスポーザブルの手袋・エプロン・マスク、メディカルキャップを着用する
    • 透視下での処置の場合、放射線被曝予防のためX線プロテクターを着用する
  2. 医師からの説明内容を把握し、患者の理解・協力を得る
  3. 患者の準備・周囲の環境を整備する
    • 同意書上の患者・家族の署名を確認する
    • 処置前に排泄を済ませてもらう
    • 汚染防止のため処置用シーツを敷き、挿入部位に合わせて着衣をずらす
    • 体位は仰臥位で、静脈が怒張しやすいよう頭低位にするとなお良い
    • 処置中は腕を動かさないよう説明し、苦痛時の対応について予めサインを決めておく
    • 心電図モニター・パルスオキシメーター・血圧計などを装着する
  4. 必要物品を配置する
    1. 滅菌四角布を広げた上(滅菌野)に、清潔操作で縫合セット、カテーテルなど必要物品を配置する

方法(鎖骨下穿刺の場合)

  1. 消毒し、ドレーピングを行う
    • 医師が穴あき滅菌ドレープを取り出し、患者にかける
  2. 術者の準備をする
    • 透視下での処置の場合、放射線被曝予防のためX線プロテクターを着用する
    • 実施者は滅菌操作で行うため、滅菌ガウン、メディカルキャップ、滅菌手袋、マスクを着用する(高度バリアプレコーション)
  3. 穿刺部位・ポート埋め込み部位に局所麻酔を行う
    • 医師に無菌的にシリンジと針を渡し、アンプルから麻酔薬を吸ってもらう
      ※吸いやすいよう、アンプルの角度に注意する
  4. 鎖骨下静脈を穿刺し、ガイドワイヤーを挿入する
  5. メスで挿入部の皮膚を1cm切開する
  6. 透視下にて、ガイドワイヤーに沿わせてダイレーターとシースを挿入する
  7. カテーテル先端が上大静脈に十分挿入されている事を確認する
  8. ダイレーターとガイドワイヤーを抜去する
  9. 前胸部に皮下のポケットを作成し、皮下トンネルを介してカテーテルとポートを接続する
  10. ポートを皮下ポケットに埋め込み、回転予防のため2か所で縫合固定する
    • カテーテルが屈曲しないよう、血液の逆流を確認しておく
  11. カテーテル穿刺部とポート埋め込み部の皮膚縫合を行う
  12. X線検査にて、カテーテルの位置や異常がないか確認する
  13. 術後の患者にCVポート留置中の注意点を説明する
    • 入浴時のポート部の保護は不要で、そのままで入浴可能
    • ポート埋め込み部に負荷がかかるような激しい運動、肩ひもなどによる圧迫や摩擦は避ける
  • 看護師は、医師が穿刺しやすいよう物品の配置に注意する
  • 穿刺中は処置ごとに患者に声掛けしながら不安の緩和に努め、状態の観察を行う
カテーテル挿入に伴う以下の合併症に注意する
気胸:穿刺針に空気の逆流がみられる
動脈穿刺
神経損傷:上腕神経損傷、血腫による反回神経麻痺や横隔神経麻痺のリスクがある
創感染
胸管損傷
 空気塞栓:カテーテル挿入時、シースなどから空気が入って起こるが、致命的となるため十分な注意が必要

観察項目

  • 患者の基礎疾患、出血傾向の有無
  • アレルギーの有無
  • バイタルサインの変動、患者の訴え
  • 呼吸状態の変動の観察
    ※呼吸数、呼吸音・リズム、息苦しさ、チアノーゼ、皮下気腫の有無
  • 神経症状の有無の観察
    ※しびれや脱力など
  • 穿刺部の観察
    ※出血、腫脹、発赤、血腫の有無
  • X線検査、血液検査などの検査結果

アセスメント

  • 処置前の患者・医療者の準備は適切に行えたか
  • 処置中の患者の苦痛を最小限に留めるよう配慮し、不安の緩和に努めたか
  • 処置中~終了後の合併症の出現に注意し、異常の早期発見・対処に努めたか
  • 処置は滅菌操作で行われるため適切に介助を行い、感染予防に努めたか

注意点

  • ポート埋め込みは小手術であり、一般的な手術部位感染予防策を取る必要がある
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!