いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

CT用造影剤の基礎知識

CT用造影剤の基礎知識【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • CT用造影剤の基礎知識について理解を深める

 CT用造影剤とは

  • CT検査で用いられる造影剤のほとんどはヨード化合物であり、静脈内投与が行われるが、場合によってはヨード造影剤を希釈して飲ませたり、脊髄腔や瘻孔に注入する方法などもある
  • CT画像が表現する濃淡(コントラスト)の改善のために用いられる
  • その他、血流状況の把握、炎症や腫瘍の診断、血管病変の把握(動脈瘤・大動脈解離など)にも使用される

禁忌

重篤な甲状腺疾患がある場合

  • ヨードまたはヨード造影剤に過敏症の既往がある場合

原則禁忌(事前確認が必須)

  • 一般状態が極度に不良の場合
  • 重篤な肝疾患・心疾患
  • 急性膵炎
  • 気管支喘息
  • 多発性骨髄腫
  • テタニー
  • マクログロブリン血症
  • 褐色細胞腫
  • 腎機能障害のある患者
新生児・乳児、妊婦などは、安全性の確認がされていないため、医師の確認が必要である

副作用

  • 熱感、嘔気・嘔吐、蕁麻疹、掻痒感、腹痛、下痢などがある
  • 重篤な場合、アナフィラキシーショック、呼吸困難などにより死に至る可能性もある
  • 基本的には投与直後から検査中に現れるが、数日後に(遅延性)現れる場合もあるため、観察および緊急時の対応が必要となる

注意点

  • 事前にカルテや問診などによる情報収集が必要である
  • 事前に、救命救急用の器材・薬剤を準備し、十分に体制を整えておく
  • 授乳中の場合、授乳を一時的に控えるよう指導する
  • ヨード系造影剤は放射性ヨードを用いる検査(甲状腺シンチなど)の検査結果に影響を及ぼすので、放射性ヨードを用いる検査の予定がある場合は、優先的にそれを行う
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!