いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

虫垂炎患者のケアのポイント

虫垂炎患者のケアのポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 虫垂炎患者に適切なケアを行う

疾患の概要

  • 虫垂炎は、虫垂(盲腸の先端部)が急性炎症を起こした疾患である
  • 虫垂が閉塞することにより、虫垂内腔の圧が高くなり、血行障害による虫垂粘膜防御機構の破綻および腸内細菌の増殖が起こるために、虫垂壁内に腸内細菌などが入り込んで感染症(炎症)を起こす
  • 小児や若者の場合、リンパ組織の過形成、成人以降は異物や糞塊・糞石あるいは腫瘍が原因となる
  • ウイルス感染などによって2次的に虫垂炎を併発することもある

虫垂炎の分類

  • カタル性虫垂炎:虫垂に発赤と浮腫を認める
  • 化膿性虫垂炎:カタル性虫垂炎より虫垂壁の炎症が更に高度となり、虫垂表面の腹膜への膿の付着、虫垂内の膿貯留が認められる
  • 壊阻性虫垂炎:虫垂壁に壊死や穿孔が認められる

症状

  • 約50%のケースに心窩部痛の出現が認められ、時間が経過すると共に右下腹部痛へと痛みが移動する
  • その他の症状として、発熱、悪心・嘔吐、食欲不振が見られる場合が多く、腹部膨満感や便通異常などの症状が認められることもある
はじめから臍周囲、右下腹部、腹部全体などが痛む場合もある

所見

  • 白血球数の増加や、遅発性にCRP値の上昇が認められることが多い
  • 重症例や高齢者の場合、白血球減少が認められることがある
  • 虫垂炎にはランツ点、クンメル点、マックバーニー点などの典型的な圧痛点がある
  • 圧痛点でのローゼンシュタイン徴候(左側臥位にて圧痛が強くなる)、ブルンベルグ徴候(急に圧迫を解除した際に痛みが著明になる)、ロブシング徴候(左下腹部の圧迫によって右下腹部痛が誘発される)、筋性防御などが見られた場合は手術を検討する
  • 虫垂炎が周囲に波及すると、腹部単純X線検査において虫垂糞石による石灰化像や限局性の小腸ガス像などが認められる場合がある
  • 腹部超音波検査は、虫垂炎の重症度の判定、診断に有用であり、所見として、最も典型的な所見は虫垂の腫大であり、ほかにも虫垂壁肥厚、膀眺直腸嵩に腹水の貯留、糞石の存在などがある
  • 腹部CT検査は虫垂炎の急性腹症の鑑別診断だけではなく、重症度判定や診断に有用な検査であり、腹部全体を評価できるが、少なからず被曝の問題がある
  • 所見としては、虫垂壁肥厚、虫垂の腫大、周囲脂肪織濃度の上昇、膿瘍形成や腹水貯留、糞石の存在などがある

診断

  • 超音波またはCT検査、腹部単純X線検査、炎症反応、腹膜刺激症状などから総合的 に重症度の診断を行う

治療

  • 軽度のカタル性虫垂炎の場合、保存的治療(絶食や抗生剤投与など)を行う
  • 壊疸性および蜂窩織炎性虫垂炎の場合は手術治療を行う
  • 手術治療の場合、炎症が起きている虫垂だけを摘出する虫垂切除術を施行する
    ※最近では腹腔鏡下手術が行われることもある
  • 高度の炎症例では回盲部切除術なども行われる場合がある

看護のポイント

保存的治療

  • 症状が悪化することにより、手術治療へと変更する場合もあるため、全身状態の観察を適宜行い、急激なバイタルサインの変化を見逃さないようにする

手術治療

  • 突然の腹痛や嘔気などが出現した場合は、直ちに手術が必要となる
    • 肉体的・精神的ストレスが大きい状況にあるため、腹痛や嘔気・嘔吐のケア、精神的援助を行う
  • 虫垂切除術後最も重大な合併症は、創感染と腹腔内膿瘍である
    • 創部の状態 、発熱・腹痛の有無の観察を十分に行う
ドレーンを挿入した場合は排液の性状を観察することも重要である

注意点

  • 幼児や妊婦、高齢者の場合は、症状が見逃されやすい
  • 画像診断の進歩によって正診率は向上しているが、画像所見のみで虫垂炎と診断することは危険であるため、身体所見を含めた総合的な判断が重要である
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!