いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、797トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

鼠径ヘルニア患者のケアのポイント

鼠径ヘルニア患者のケアのポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 鼠径ヘルニア患者に適切なケアを行う

疾患の概要

  • 鼠径ヘルニアとは、鼠径靭帯の頭側で鼠径部に腹腔内の臓器が脱出する外鼠径ヘルニアと内鼠径ヘルニアのことを指す(いわゆる「脱腸」)
  • 鼠径靱帯の尾側から脱出した状態を大腿ヘルニアと呼び、鼠径ヘルニアと区別されることが多い
  • 手術既往のない腸閉塞患者や泣きやまない乳幼児の場合には、嵌頓ヘルニアを疑うことが重要である
  • 嵌頓ヘルニアに血流障害が生じて絞扼状態になった場合は、脱出した臓器に壊死が起こるため、救急処置が必要である
  • 特徴として、鼠径部に腫瘤状のものが触知され、立位で腹圧をかけた時に更に、ヘルニア内容が脱出したり、仰臥位にて脱出が戻ったりすることが可能である
  • 男性の場合、陰嚢にまで脱出し、陰嚢腫大が見られることもある

補助検査

  • 鼠径部を含んだ腹部単純X線検査は必須の検査であり、超音波検査やCT検査も有用である
  • 嵌頓例の場合、内容が腸管か否かの判定が重要である

治療

  • 基本的には診断がつきしだい、手術を施行する
  • ヘルニアバンドを使用することもある
    ※鼠径部を圧迫するのみの目的で使用されるだけなので、根本的な治療とはならない
  • 絞扼嵌頓時の処置:第1選択として、用手整復を試み、整復が不可能な場合は緊急手術を行う
  • 整復が可能な場合:厳重に経過観察を行い、その後可能な限り早く手術を行う。

手術

  • 手術自体が、特に男性に対して不妊の原因となり、慢性疼痛にもなる可能性があるため、注意が必要である
    • 小児の鼠径ヘルニア
      • ほとんどが胎生期において鼠径管の形成がされる時に起こる腹膜鞘状突起(女児の場合はNuck管)の閉鎖不全によって起こる
      • 根元でヘルニア嚢を縛るような高位結索術を施行する
    • 成人の鼠径ヘルニア
      • 多くの原因は、多くが加齢により腹壁が弱くなることや腹圧上昇によって生じる後天性のもの
      • ヘルニア門の鼠径管の後壁補強、縫縮・閉鎖が必要となる
    • 現在、腸切除等の術野に汚染がない場合には、メッシュ状の人工膜を使用する方法が多様されている

看護のポイント

  • 術前に手術部位が右と左のどちらに位置しているかを確認しておく
  • 鼠径ヘルニアの場合、様々な形状のメッシュや多くの手術方法が存在しているため、手術内容について医師と密に連携をとりあうことが重要である
  • メッシュを使用する際は、それぞれのメッシュのメリット・デメリットや使用方法・注意点を十分に知っておく必要がある
  • 術後は、創部の出血による疼痛や腫脹に対してのきめ細やかなケアを行う
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!