いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、797トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

発作性上室頻拍(PSVT)患者の治療とケア

発作性上室頻拍(PSVT)患者の治療とケア【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 発作性上室頻拍(PSVT)患者に適切な治療とケアが行われるよう援助する

治療

  • 発作が起きた時に血行動態が安定している場合は、迷走神経刺激法を行い、効果が得られない場合は、ATPやカルシウム拮抗薬の静注を行う
  • 頻脈発作(150回/以上)が起きた時に血行動態が不安定な場合は、除細動やカルディオバージョン(50~100J)を状況に応じて施行する
  • 徐脈の場合は、高頻度ペーシングやアドレナリン、イソプロテレノール、アトロピンなどの薬剤投与を行う
  • 基本的に、血行動態が安定している場合は、治療の緊急度は低いと考えられるが、完全房室ブロックなどがある場合は、たとえ無症状であっても原則として緊急経静脈的ペーシングの適応となるため、検討を行う

迷走神経刺激法

  • 迷走神経が何らかの方法によって刺激されることで、房室伝導の抑制作用が起こることを利用した方法であり、頻拍を停止させる効果がある

頸動脈洞圧迫法

  • 頸動脈を圧迫することにより、頸動脈圧受容体の刺激を起こし、迷走神経を刺激する

バルサルバ法

  • 息を吸った際、そのまま息を止める方法である
  • 息を止めることにより、胸腔内圧の上昇が起こり、圧受容体が刺激され、迷走神経も刺激される

顔面浸水

  • 洗面器などの容器の中に冷水を入れ、その中に顔をつけた状態で息を止める方法である
  • 冷水に顔をつけることにより、三叉神経が刺激され、息を止めることによって迷走神経が刺激される
その他の方法として、深呼吸や嘔吐反射を誘発させる方法がある

観察項目

  • 突発的に生じ、突然消失する動悸感の有無
  • 意識消失・めまいの有無
  • 血圧低下、冷汗、末梢の冷感、乏尿・無尿、意識障害、失神、けいれん、呼吸困難、うっ血性心不全、持続する胸痛など

アセスメント

  • 徐脈・頻脈に関わらず、有効な心拍出が保持できなくなった場合には血行動態が不安定となり、様々な自覚症状や他覚症状を示す
  • 治療の緊急度の判定は、不整脈の種類ではなく、血行動態が安定しているか否かで決定される
  • 不整脈時における血行動態は以下のような症状があれば不安定と判断できる
    • 血圧低下・意識障害・冷汗・末梢の冷感・乏尿や無尿
      ※以上5つはショックの所見
    • 失神
    • 痙攣
    • 持続する胸痛
    • 呼吸困難
    • うっ血性心不全  など
  • 上記所見が無い場合が安定していると判断でき、治療の緊急度は比較的低い
ただし、完全房室ブロックの所見がある場合は、無症状でも緊急経静脈的ペーシング(ペーシングリードを挿入して行う)が必要となる

注意点

  • 頸動脈洞圧迫法は、特に高齢者の場合、脳塞栓を起こす危険性がある
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!