いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、797トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

心房細動患者への対応

心房細動患者への対応【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 心房細動患者に適切な対応を行う

疾患の概要

  • 心房細動とは、各部分の心房が高い頻度で無秩序に電気的興奮を起こすことにより、P波が消失すると同時に、不規則なリズムになる状態のことを指す
  • 主な発症の要因として、左房の機械的負荷があり、臨床的には左室肥大(高血圧)が最も多い

治療

  • 塞栓症を予防する目的で抗凝固療法(ワーファリンの内服)を行う
塞栓症のハイリスクの症例では、リズムのコントロールをする前に抗凝固療法を行う
  • 血行動態が安定している場合、 洞調律を維持するためチャネル遮断薬を使用する
  • 心拍数調節の目的でカルシウム拮抗薬、β遮断薬、ジギタリスを使用する
  • 血行動態が不安定な場合、カルディオバージョンを施行する
    (単相性除細動器の場合:100~200J、二相性除細動器の場合:100~120J)
  • 根治療法として、カテーテルアブレーションを行うが、他の頻拍と比較した際、それほど治療効果は高くない
  • 外科的治療(メイズ手術)は、カテーテルアブレーションがうまくいかない場合や、他の心臓の手術(弁置換術)などをする場合に行われる

観察項目

  • 動悸の有無
  • 心拍・脈拍不整の有無

アセスメント

  • 心電図で幅が狭いQRS波、P波の消失、RR間隔の不整が認められる
  • 基線に細かい動揺が認められる
  • AFが認められた場合、発症の要因となっている病態を確認することが必要である

合併症

  • 左心房内に生じた血栓が流出し、脳塞栓を合併する場合があり(心原性脳塞栓症)、四肢塞栓も起こる可能性がある
  • 脳梗塞の原因の約3割を占める心原性脳塞栓症は、広範な脳梗塞を生じやすいことがあり、予後は不良である
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!