いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

PEGカテーテル(胃瘻)の交換

PEGカテーテル(胃瘻)の交換【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • PEGカテーテル(胃瘻)の交換時に必要な物品、流れ、ケアのポイントについて理解する
  • 安全にPEGカテーテル(胃瘻)の交換が行える

必要物品・準備

必要物品

  • 防水シート
  • 拭き取り用ガーゼ
  • シリンジ(5~10ml)2本
  • 滅菌精製水
  • PEGカテーテル(患者に挿入中のものを確認し同じ種類を準備)
  • 交換用ロッド
  • 潤滑剤
  • PEGカード(PEG製品に添付され、製品番号・留置日・次回交換日を記載し管理する)
  • ディスポーザブル手袋・エプロン

準備

  1. 実施者・介助者の装備を整える
    • 処置前後での手指衛生を行う
    • ディスポーザブル手袋・エプロンを着用する
      ※感染予防のため
  2. 新しい滅菌精製水をシリンジに注入しておく
  3. 胃瘻周囲を清潔にしておく
    • ガーゼをお湯で濡らし、瘻孔周囲の汚れを拭き取っておく

方法

  1. 瘻孔に潤滑剤を塗りなじませる
    • 古いカテーテルが挿入されている状態で、瘻孔に潤滑剤を塗る
    • カテーテルを回転させて、瘻孔に潤滑剤をなじませる
      ※スムーズに抜去および挿入ができるようにするため
  2. カテーテルから胃内に交換用ロッドを挿入する
  3. 古いカテーテルのバルーン内の固定水を抜き取る
  4. 医師がゆっくりカテーテルを引き抜く
    • 介助者は交換用ロッドが動かないよう、指でしっかり固定しておく
  5. 新しいカテーテルをゆっくり瘻孔に挿入する
  6. バルーンに滅菌精製水を注入する
    ※どれくらいの固定水が必要であるかを、予め確認しておく
皮膚と外部ストッパーとの間にはゆとりを持たせる

  • 皮膚と外部ストッパーとの隙間は1横指とする
  • ゆとりがないと、外部ストッパーと皮膚が擦れて皮膚トラブルを起こしやすい
交換時に起きやすい合併症としては腹腔内への誤挿入がある

  • 予防策:内視鏡や透視下でカテーテル先端が胃内に留置されていることを確認する必要がある

 

観察項目

  • 胃瘻カテーテルの種類、最終交換日、挿入に伴うトラブルの有無の確認
  • 治療内容の確認(抗凝固剤などの内服の有無)、出血傾向の有無の確認
  • 瘻孔周囲の皮膚トラブルの有無
  • 交換時の疼痛の有無、瘻孔からの出血の有無の確認

アセスメント

  • 安全に胃瘻カテーテルの交換が行えたか
  • カテーテル交換前後で十分な観察が行えたか

注意点

  • PEGカテーテルは、バルーン型とバンパー型で交換時期が異なる
    •  バルーン型:耐久性に乏しく、1か月に1回
    •  バンパー型:6か月に1回
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!