いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

車イス移乗訓練

車イス移乗訓練【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 下肢の術後は安静目的で車イスを利用する場合があるため、安全・安楽に車イス移乗が行えるように援助する

方法

  • 車イスとベッドとの移乗時に荷重制限を守り、転倒のリスクを軽減する
  • 患者の疾患および術式・バランス感覚や筋力に合わせた指導内容を理解しておく
  • 患者の個性を理解し、確実な指導をするとともに、ベット上の生活から活動範囲を広げるよう援助する

ベットから車イスの移乗(患肢の免荷指示がある場合)

  1. 車イスの整備をする
    • ブレーキ、空気圧、シートの破損の有無はないか確認する
  2. ベットの環境を整備する
    • ベットストッパーやコードなど邪魔になるものを片づける
    • 安全なスペースを確保する
    • ベットの高さを調整する
  3. 患者の服装を確認する
    • 滑りにくく、転倒の危険性が低い履物であるか確認する
  4. ギャッチアップもしくは端坐位になり、起立性低血圧になっていないかを確認する
  5. 車イスをベットに対して20から30度の角度で健側におき、フットレストをあげる
  6. 健側の靴を履くよう促す
  7. ベット柵を健側の手でつかみ立位となる
    ※必要に応じて、安定した立位となるよう腰を支えるなどの介助を行う
  8. 健側の手で奥のアームレストをつかみ、回旋しながら車イスの方へ背を向け、患側の手でアームレストをつかみ、ゆっくり座る
  9. 健側の足でフットレストを下げ、足をのせる

車イスからベットの移乗(患肢の免荷指示がある場合)

  1. ベットの健側から足側1/3のところに車イスをつける
  2. 確実にブレーキをかける
  3. フットレストをあげて健側に荷重しながら足を下ろす
  4. 健側の手でベットの柵を、患側の手でアームレストをつかむ
  5. 健側に徐々に荷重しながら立位となる
  6. 患側の手をアームレストからはずし、健側の手でベット柵をにぎったままゆっくり回旋し、ベットに戻る(端坐位になる)
  7. ベットの環境を整備し、元に戻す

 

観察項目

  • 筋力低下の有無、状態
  • バランス保持能力の有無、状態
    ※健側下肢への荷重と、上肢で何かにつかまった状態で立位が保持・安定できるか
  • 理解力の有無、状態
  • 身体可動性の障害の有無、程度、部位
  • 安静度
  • ラインやカテーテルの有無

アセスメント

  • 車イスの原理・原則にそった介助ができたか
  • 患者の術式、筋力、バランス感覚に合った指導ができたか
  • 患者の個性を理解した関わりができたか

注意点

  • 確実な指導ができるように信頼関係を築いておくことが必要となる
  • 筋力低下がある場合は移乗時に転倒のリスクが高くなるため、患者の筋力を十分に把握する
  • 理解力が低い場合車イスの移乗を単独でするのは危険なため、患者の理解力の判断は重要になる

 

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!