いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

大動脈弁狭窄症患者への対応

大動脈弁狭窄症患者への対応【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 大動脈弁狭窄症患者に適切な対応を行う

疾患の概要

  • 大動脈弁口が狭窄することによって、収縮期に左室から大動脈への駆出障害が起こる病態のことを指し、慢性的に左室の圧負荷が生じるため、左心肥大が起こる
  • 代償不全が起こった場合、心不全、狭心症、失神発作などが起こり、場合によっては急死することもある
  • 原因としては、加齢(変行性:動脈硬化による弁の変性や石灰化)、先天性の弁尖数の異常(先天性:1弁尖や2弁尖など)、リウマチ性(リウマチ熱罹患後の弁膜炎)などがある

臨床症状

  • 聴診にて、第2肋間胸骨右縁に頸部放散を伴う収縮期駆出性雑音の聴取、Ⅱ音の奇異性分裂、ⅡA減弱とⅣ音が認められる
  • 心電図において、左室肥大の所見が認められる

確定診断

  • ドプラ心エコーを行い、大動脈弁収縮期圧較差の増大や大動脈弁口面積の減少の確認を行う
  • 断層心エコーを行い、大動脈弁の石灰化、肥厚、開放制限の確認を行う

治療

  • 内科的治療を行う場合、心不全に対しての利尿剤投与など、対症的な薬物投与を行う
  • 左室機能の低下などが認められず、無症状の場合は、経過観察を行う
  • 場合によっては外科的治療(大動脈弁置換術)が必須となるが、その適応は
    • 失神発作、心不全症状、狭心症などを伴う高度AS
    • 高度ASで左室駆出率≦50%
    • 他の心臓・大血管手術を行う患者で高度ASを伴う場合 となる

観察項目

  • 血圧低下
  • 息切れ
  • 小脈・遅脈
  • 狭心痛
  • 失神発作など

アセスメント

  •  高度ASの基準よりも重症な場合や高齢者など、手術適応とならない例もある
  • ASの平均余命は、狭心症のみなら5年、失神発作があれば3年、心不全があれば2年といわれているため、重症度や合併症の有無の判定は重要である

 

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!