いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

失認がある患者のケアのポイント

失認がある患者のケアのポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 失認がある患者のケアのポイントについて理解し、個別性に応じた対応ができる

病態の概要

失認とは

  • 視覚、聴覚、味覚、嗅覚、体性感覚など、その感覚自体には異常がない
  • 注意や知能など一般的な精神機能が保持されているにも関わらず、対象を認知できない事

種類と特徴

身体失認

  • 損傷部位:頭頂葉右方、主に右の損傷に多い
  • 半側身体失認:麻痺側の注意力が低下し、存在しないかのように扱う
  • 身体部位失認:身体の部分を言われたり触られても、そこを指示できない
  • 病態失認:左麻痺があるのに否認する

半側空間無視

  • 損傷部位:右大脳半球(およそ4割に出現する)
  • 病巣と反対側の視空間を無視する
  • 食事時に皿の半分を残す、歩行時に左側がぶつかるなど、全視野が入っているが、意識して注意を向けなければ左側(病巣と反対側)に気づかない

失読・失書

  • 損傷部位:左頭頂葉(読み書きの中枢)
  • 読み書きができない(話す・聞くなどの障害はない)

ゲルストマン症候群

  • 損傷部位:左頭頂葉
  • 以下のの4徴を呈するもの
    • 手指失認:自分の指が何指が分からず、人差し指と言われてもその指を指示できない
    • 失書:文字が書けない(写字より自発書字が障害されやすい)
    • 左右失認:自分にとってどちら側が右か左か分からない
    • 失算:計算ができない

治療

  • リハビリが中心となる

観察項目

  • 患者の基礎疾患、障害の部位の確認(CT画像など)
  • 病識の有無、転倒リスクの把握
  • 失認の種類と程度、症状の確認
  • 食事摂取状況、患者周囲の環境の把握
  • 麻痺などの症状の把握
  • 治療方針とその内容、患者・家族の受け止めの状況
  • 患者・家族の理解度
  • 精神状態の把握
  • ADL、コミュニケーション手段の確認
  • 治療内容(リハビリの介入状況)の把握

アセスメント

  • 失認の種類や特徴を把握し、患者の病態を理解しているか
  • 個別に応じた適切な関わりによって、日常生活の援助ができているか

看護ケアのポイント

半側空間無視の場合

  • 患者が話しやすい環境を整えることで、大切な情報を伝えたり、事故防止につなげるため、非無視側より話しかける
  • あえて認識することで、患者自身も注意して行動できるため、無視側への認識を促す

身体失認の場合

  • 自身の麻痺や身体状況が認識できるよう、患者に自身の身体を見たり触れたりする機会を設ける

失読・失書の場合

  • 文字の理解が困難なため、説明は「話して」理解を促す

ゲルストマン症候群の場合

  • 社会復帰を目標にリハビリテーションを行う
    • 発症初期は、左右が分からない、簡単な計や書字ができないなど、落ち込むこともある
    • 時間経過とともに改善する場合があるので、焦らずに根気よく関わる

注意点

半側空間無視について

  • 右中大脳動脈閉塞による脳梗塞の急性期(1か月以内)の代表的な症状の1つである
  • 患者は病識がない事が多く、麻痺があることに気づかないため、転倒に注意し病識を高めるようにする
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!