いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、797トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

注意障害がある患者のケアのポイント

注意障害がある患者のケアのポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 注意障害がある患者のケアのポイントについて理解し、個別性に応じた対応ができる

病態の概要

注意障害とは

  • 障害部位:前頭連合野
  • 特徴として
    • 対象を選べない(選択性の障害)
    • 対象への注意が続かない(持続性の障害)
    • 対象が切り換えられない(転導性の障害)
    • 複数の対象へ注意が向かない(分配性の障害)
  • 症状の例
    • 注意が散漫となり、食事が進まない
    • 一口量が多く、口の中に詰め込み、むせる
    • フットレストをおろしていないのに、立とうとする

治療

  • リハビリが中心となる

観察項目

  • 患者の基礎疾患、障害の部位の確認(CT画像など)
  • 病識の有無、転倒リスクの把握
  • 症状やADLの確認、援助内容の把握(指導方法)
  • 食事摂取状況、患者周囲の環境の把握
  • 麻痺などの症状の把握
  • 治療方針とその内容、患者・家族の受け止めの状況
  • 患者・家族の理解度
  • 精神状態の把握
  • 治療内容(リハビリの介入状況)の把握

アセスメント

  • 注意障害の特徴を把握し、患者の病態を理解しているか
  • 個別に応じた適切な関わりによって、日常生活の援助ができているか

看護ケアのポイント

  • 複数の内容を一度に伝えると患者が混乱するため、1つの動作から指導する
  • 指導は、集中力を保ち繰り返し行うことにより効果があるため、短時間でポイントを押さえて行い、あまり間隔をあけないようにする
  • 声に出すことで注意が向き、エラー防止につなげるよう、注意・集中を喚起し、患者自ら声を出し行うよう促す
  • 簡単な動作手順をベッドサイドに提示することで注意喚起し、患者自身に気づきやすくさせる
  • 誰の問題なのか認識しやすくするため、名前を書いて注意喚起する

注意点

  • 患者周囲の刺激をなくし、集中しやすい環境づくりに努める
    ※小さな刺激でも動作が中断され、生活に影響を及ぼすため

 

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!