いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

正常圧水頭症(NPH)患者の治療とケア

正常圧水頭症(NPH)患者の治療とケア【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 正常圧水頭症患者の治療とケアのポイントについて理解する

疾患の概要

正常圧水頭症とは

  • 成人の慢性水頭症で、くも膜下腔に髄液通過障害が生じ、脳室が拡大するが、髄液圧は正常な状態をいう
  • 60~70歳代に好発する

原因

  • 続発性NPH:原因疾患が明らかなもの(くも膜下出血、頭部外傷、髄膜炎など)
  • 特発性NPH:原因がはっきりしないもの

症状

  • 歩行障害、精神活動の低下(認知症)、尿失禁の3徴を呈するが、特有の症状ではない
  • 症状はゆっくりと進行する
  1. 歩行障害
    • 初期:歩幅の減少、ゆっくりで不安定な歩行、下肢の拳上低下、すり足、すくみ足歩行
    • 進行時:立位保持や起き上がりが困難
  2. 精神活動の低下
    • 中期:健忘、自発性低下、無関心、日常動作の緩慢
    • 進行時:無動性無言に近い状態
  3. 尿失禁
    • 進行時:切迫性尿失禁、無関心による失禁(前頭葉障害) 
  • 3徴の中では、歩行障害が最初に出現する場合が多く、頻度も高い

診断

  • 頭部CTまたはMRIで、左右対称の脳室拡大、シルビウス裂の拡大がみられる
  • 頭部CTにて、側脳室周囲の低吸収域(PVL)を認める
  • 頭部MRIのT2強調像にて、高信号域(PVH)を認める
  • 腰椎穿刺では、髄液圧は正常範囲内(180mmHg以下)
髄液排除試験(CSF tap test)

  • 診断に有用な検査で、髄液ドレナージ試験より簡便で感染リスクが低い
  • 腰椎穿刺により20~40mlの髄液を排除し、歩行障害の改善の有無をみる
  • 改善した場合、シャント術の治療効果が期待できる
  • 偽陰性例がみられる場合があるため注意が必要である
歩行障害のみの場合、パーキンソン症候群との鑑別が重要である

治療

  • 交通性水頭症の治療に準ずる
  • シャント術(V-P、V-A、L-P)

観察項目

  • バイタルサインや意識レベルの変動、神経症状、瞳孔所見の確認
  • 症状の有無と程度、進行状況の確認(歩行状態、精神状態、尿失禁の有無と程度)
  • ADLの把握
  • 治療方針と説明内容、患者・家族の受け止めの状況
  • CT・MRI所見の確認

アセスメント

  • 症状進行の程度を把握し、異常の早期発見・対処に努めたか
  • 症状の進行に合わせた生活援助が行えているか
  • 手術後の合併症予防に努めたか

合併症予防

  • 症状の進行に伴い転倒のリスクが高まるため、予防に努める
  • シャント術施行時は術後の合併症に注意する
    • シャント機能不全、シャント感染
    • 髄液の過剰流出による低髄圧症候群、硬膜下血腫
    • 腹腔操作に伴う腸管穿孔

注意点

  • 続発性NPHの原因として、くも膜下出血が最多でシャント術が著効する例が多い
  • NPHは治療可能な認知症となるため、適切な診断・治療をすることが重要である
  • 高齢者に多い特発性NPHでは、症状や画像所見、髄液排除試験の結果により、シャント術の適応が決定される
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!