いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

フットケアの基本技術 創傷ケア

フットケアの基本技術 創傷ケア【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 皮膚損傷についてアセスメントを行い、程度にあわせた適切な治療や処置を提供できる
  • 損傷の原因についてアセスメントを行い、ケアを通して再発防止への指導や動機付けができる

方法

ケアには損傷のリスクを伴うため、適切な研修をうけた看護師が、医師に相談しながら、新たな損傷等を作らないように注意しケアを行うことが重要である

発赤

  • 圧迫を除いても退色しない発赤は、圧迫の原因を探り、それを取り除くことが必要
  • 皮膚損傷を伴わない場合は、消毒の必要はない

皮膚剥離

  • 新しい靴での長時間の歩行や裸足で靴を履いた場合など、靴擦れが原因のことが多い
  • 糖尿病神経障害があると潰瘍化しやすい
  • 発赤や腫脹・熱感など感染兆候の有無を観察する
  • 靴擦れなどの原因をアセスメントし、靴の選び方など患者に合わせた指導を行う
  • 必要に応じて、自宅での創処置の方法を指導する

処置方法

  • 消毒・生理食塩水での洗浄後、創部は滅菌ガーゼなどで余分な水分を強く摩擦しないように拭き取る(それ以外は清潔なタオルで良い)
  • 必要に応じて、抗菌薬軟膏を塗布し、滅菌ガーゼなどで保護する
湿潤療法を行う場合
●洗浄は流水で行い、生理食塩水を使用しないこともある
●感染兆候がなければ、滅菌ガーゼではなく創傷被覆剤(ラップや創傷用の皮膚被覆・保護材)を使用し湿潤環境を保つほうが治りが早いケースもある

亀裂

  • 亀裂の原因として、自律神経障害に起因した発汗減少による足の乾燥や角質の増殖が挙げられる
  • 亀裂が深くなったり感染し壊疽を起こしたりするため、早期に治療することが重要である
  • 空気が乾燥する冬は特に注意が必要である

処置方法

  • 石鹸や流水でよく洗浄し、消毒後・生理食塩水で洗浄する
  • 必要に応じて、抗菌薬軟膏などを塗布し、滅菌ガーゼなどで保護する
  • 角質が厚い場合は、角質除去を行うこともある
湿潤療法を行う場合
●洗浄は流水で行い、生理食塩水を使用しないこともある
●感染兆候がなければ、滅菌ガーゼではなく創傷被覆剤(ラップや創傷用の皮膚被覆・保護材)を使用し湿潤環境を保つほうが治りが早いケースもある
  • 白癬菌による角質増殖や亀裂などが疑われる場合は皮膚科受診をすすめる

水疱

  • 表皮と真皮の間に浸出液が貯留した状態を水疱と呼ぶ
  • 靴擦れから生じることもある
  • 皮膚欠損用創傷被覆剤(ドレッシング剤)や軟膏を用い、皮膚表面を乾燥から守ることが原則
  • 水疱は無理に破ってはならない(湿潤環境を保つことで治癒を早めたり感染を予防する)
    ※水疱が破れた場合は、十分に洗浄を行う
  • ポピドンヨード(イソジン®)などによる消毒は、創表面の組織障害を起こすため避けることが望ましい

 

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!