いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

手術中大量出血時への対応

手術中大量出血時への対応【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 手術中大量出血時、医師と協力して大量出血による心停止を防ぐことができる
  • 大量出血を起こすリスクが高いと予測されるもの
    • 一般外科・消化器外科
      • 一般の開腹手術(特に緊急手術で患者の状態把握が不十分な場合)
      • 肝切除術
      • 膵臓・胃・胆嚢などの癌で癒着が強い場合など
    • 整形外科
      • 脊椎手術
      • 脊椎手術などターニケットが使用できない部位で、骨を削る事が予測される手術
    • 産婦人科
    • 前置胎盤による帝王切開、胎盤早期剥離による緊急帝王切開など
帝王切開の場合、止血が困難である場合は子宮摘出に移行する場合もある

方法

人員を確保する

  • 周術期死亡原因の半数を出血が占めている(日本麻酔科学会より)
  • 輸血や検査などを速やかに行うために、麻酔科医や看護師の人員を確保することが重要
  • 損傷血管の部位によっては、心臓血管外科医を呼ぶこともある

役割分担を決める

  • 麻酔科医がリーダーシップをとることが多い
  • ルートの確保・出血量のカウント・輸血のオーダーや照合・血液検査の提出などが同時に行われる
  • 集まったスタッフに対し役割を決め、各人が速やかに役割を果たすようリーダーシップをとる
    • 役割例:清潔分野への予備物品(ガーゼ・糸類などの清潔物品)を出す、ルートの準備および確保、出血量カウント、輸血対応、検査対応、記録係など
それぞれの役割がしっかり行えないと、麻酔科医・執刀医など医師との連携もとりにくくなる
  • それぞれの役割は確実に行い、記録もしっかり残すことが重要

バイタルサインの変化に注意する

  • 大量出血時は、血圧低下・頻脈・心拍数増加・SpO2低下をきたす
  • 下腹部の手術では、心臓や脳への血流を維持する目的でベッドをヘッドダウンすることがある

ガーゼカウントを確実に行う

  • 大量出血時は、大量のガーゼを使用することがあり、圧迫止血目的で腹腔内にしばらくガーゼを入れたままにすることがあるため、外回り看護師と協力し、閉創時には確実にガーゼカウントを行い、残留ガーゼの枚数・部位については確実に把握すること
腹腔内などにガーゼを残したまま帰室する場合は、枚数および挿入(留置)部位について必ず記録し、病棟へも確実に申し送ること

 

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!