管理人・椿がオススメする看護師のための副業ランキング(初心者編)

比較的給与が良いといわれる看護師ですが、

「夏の旅行のためにもう少し資金を貯めたい」
「留学したいので、なるべく短期間でその費用を準備したい」
「もっと上の学校(大学や大学院)に行くので、その間の学費を稼ぎたい」など

さまざまな事情から「副業をしたい!」という人もいるのではないでしょうか。

p16892_01

副業は、本業以外で労働した分のお金が懐に入りますし、普段の業務では学べないことを学ぶ機会となることもあります。色々な条件が許せば、副業をやってみるのも経験の1つです。

 

今回は、看護師の副業について詳しく紹介します!

副業を始める前に確認すること

まず、副業をするには、いくつかのマナーがあります。

  • 本業の職場で、副業が禁止されていないか
  • 正職員の場合、勤務規則で禁止されていることが多い
  • そもそも公務員=公的な医療機関に勤務する場合は法律上で禁止

副業を始める前に、自分の職場の規則を必ず確認しましょう。
本業の職場で禁止されている場合は残念ですが、この先は読まない方が良いでしょう…

また特に禁止されていない場合でも、本業に支障が出ないことが絶対条件です。

これらの条件が整っている人は、このまま読み進めてください。

 

それでは、副業できる看護師さんに、椿がオススメする5つの副業をランキング形式でご紹介します。

1位 訪問入浴アルバイト

訪問入浴の仕事内容は、入浴前後のバイタルチェック、入浴可否の判断、着脱介助、洗髪介助、入浴介助、入浴後の薬剤塗布などの対応です。

1件あたり60分未満で終わるので、多い時で1日5~7件を訪問します。週に1日からでもOKのところもあります。

実際の求人情報を見てみましょう。これは、マイナビバイトからの情報です。

p16892_1a

「なんで訪問入浴がオススメなの~?」と思う人もいるかと思いますが、初めてのアルバイトならば、他のスタッフが一緒に行動してくれるというのは、心強いものです。訪問入浴の場合、数名で一組となって訪問するので、慣れるまでは他のスタッフがフォローしてくれます。

体力も必要ですが、採血などに自信がない方には一番オススメかもしれません。

訪問入浴のアルバイト募集は、看護師向け転職サイトでは非公開になっていることがあります。

 

2位 検診アルバイト

検診は、アルバイトならば「問診」や「身長・体重測定」など、特別な看護技術を必要としない役目になることもあります。

しかし、そこはやはり看護師ですから「採血」が担当になることもあります。つまり、採血の技術として、通常レベルからハイレベルなウデを必要とされます。

試しに、検診の求人情報を見てみましょう。これは採血がメインな求人のようです。
MCナースネットからの情報です。

p16892_2bb

検診に来る人の血管はそれほど細くはありませんが、対象者の年齢や性別によっては、かなり「採りやすい」血管の人が多いこともあります。

しかし集団検診の場合、その人数がとにかく多い時があります!地方の工場などで一日に数百人の検診を行うような場合は流れ作業で、採血マシーンのようになることもあります。正に体力勝負です。

また、針も直針や翼状針などいくつかの種類はありますが、直針でとれるような技術があれば自信を持てると思いますので、オススメします。

『看護roo!』で検診のお仕事を「パート(非常勤)」で検索した場合ところ、8件の求人情報が出てきました。『ナースではたらこ』では「検診センター」+「 パート・アルバイト」の条件で調べたところ、8件の求人情報が出てきました。(2015年8月初旬)転職サイトによっては非公開になっているようです。

 

3位 病院の夜勤アルバイト

もっとも高時給を見込める副業ではないでしょうか。

日本全国、どこにでも「夜勤者を確保するのが難しい」という病院はあります。そういう病院ならば、月に数回勤務するだけで、数万円の報酬を得ることができます。週に2日以上できれば、10万円単位です。

ただ、時間と体力がないとできませんし、ある程度の経験がある方が喜ばれますので、病棟経験5年以上のタフな看護師にオススメします。求人情報を探すと、かなりの高収入なものが見つかりました。

これはナイトナースという、夜勤専門の求人情報サイトです。求人数は少ないですが、夜勤専門なので探しやすいかもしれません。

p16892_3cc

※関連記事: 看護師の夜勤専従という働き方について

 

4位 ツアーナース、イベントナース

p16892_02

  • イベントナースの場合:勤務時間=拘束時間は、数時間から
  • ツアーナースの場合:ほとんどの場合は宿泊を伴う(2泊3日など)

いずれもそれなりの高収入につながります。

例えば、夏休みなら「子どもたちのサッカー合宿に添乗する」とか、「野外で行われるコンサートの救護室で待機する」など、普段の病院勤務ではあり得ない経験ができるかもしれません。

※関連記事:ツアーナースとして仕事をする方法

 

5位 看護師ライター

自宅に自分専用のパソコンがあるなら、まずオススメしたいのがライターです。

p16892_03

正に「空き時間にできるアルバイト」です!締切さえ守れば、仕事の量や時間は、自分で調整できます。

ここ数年、当サイトも含め、看護師を対象とした情報サイトが非常に増えています。また、一般の人向けの健康情報サイトや疾患啓発サイトも増えており、医療系ライターの需要は高いのです。

ライターの中でも、『看護師資格と実務経験があり、しっかりした文章が書ける方』は需要があるので、どのアルバイトよりも稼ぐことができるかもしれません。安定した収入にするのは難しいかもしれませんが、そこは自分の努力次第です。

  • 連絡をこまめにする
  • 締切を守る
  • 根拠のある文章を書く

以上の事が守れれば、仕事は向こうからやってきます。

ちなみに、現在の椿はライターが本業です。「書く」ことで自分を表現するというのも、なかなか面白いものですよ!

※関連記事: ナースハッピーライフの在宅ライター募集

 

その他 看護学生などの家庭教師アルバイト

ちょっと意外かもしれませんが、穴場的なアルバイトとして家庭教師もオススメです。

p16892_04

特に看護学生は、学校の授業のほかに、実習や患者さんとの関わりなど、たくさんの悩みを抱えています。過去に同じような経験をしているアナタなら、先輩看護師として家庭教師をするだけで、看護学生に取って良いモデルナースになれるでしょう。そして、家庭教師をすることで、何より自分自身の振り返りにもなります。

また、学生がひとりで解答をみても理解できないことの多い国家試験対策も、『どうしてこの答えになるのか』『看護師として何を考えてこの答えを出すのか』など「看護師経験からくる知識」を教えてくれる人がいるだけでも、大きな力になれると思います。

残念ながら「求人情報」としてあがることはほとんどありませんので、ツテが重要となります。もしお誘いがあったら、是非とも挑戦して頂きたいです。

 

おわりに

看護師の副業は種類はたくさんあり、ここで紹介した仕事はほんの一部です。ここに書いてある仕事以外でも自分に合った副業と出会えれば、何もしなかった時よりも確実に看護師としての幅が拡がるはずです

ただし、副業をするならば確定申告という面倒な作業もついてきます。それでも、働いた分だけお金になるって、やはりうれしいものですよ。

看護師の副業をお探しの方へ

看護師転職サイトで副業を探すときには、勤務地、路線、仕事内容などの基本条件のほかに、雇用形態を「非常勤」とすることで、「週1回~勤務可能」など該当する求人が表示されます。

ただし、人気の職種は公開記事では見つけづらい場合もありますし、いつでも希望の仕事があるとは限りません。また、希望の仕事があったとしてもすぐに定員が埋まってしまう可能性もあります。

そんなときには看護師転職サイトに登録して、希望の仕事に関する情報を効率よく収集することをオススメします。登録をすることにより非公開となっている求人を閲覧することもできますよ。

こちらの転職サイト比較ランキングで紹介している看護師の求人サイトは信頼度も高いため、一度は登録しておいて損はないと思います。

ぜひ参考にしてくださいね!

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!

いまさら聞けない看護技術が本になりました↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
看護師スキルアップ資格はこちら↓
いまさら聞けない看護技術が本になりました
ナースハッピーライフ総合トップはこちら↓
総合トップに戻る