これからの訪問看護に求められること

job-change17022

日本は少子高齢化社会となり、医療の高度化により多くの患者さんが自宅で過ごす事ができるようになりました。医療の改革により入院期間の短縮が進められ、入院患者さんは治療が終わるとすぐ退院・転院することがほとんどです。それに伴い、在宅医療・介護を必要とする人が増え、訪問看護に対する需要は大きくなっています。

訪問看護の現状

医療依存度が高く継続医療が必要となる患者さんが多いのが現状です。

癌末期の方や難病の方なども自宅療養できるようになり、患者さんのQOLが重視されるようになりました。在宅療養者を対象とした24時間体制の訪問看護も積極的に行われるようになっています。

しかし実際には介護する家族の負担が大きく、核家族化や高齢者世帯、主介護者の就労など、昔と違って家族のサポート力は低く、退院後に共倒れするリスクもあります。

そのような患者・家族が、地域でのサポートを含め退院後も同様に医療・看護・介護を受けることができ、在宅生活を維持していけるよう支援する事が訪問看護にも求められています。

今後さらに求められること

入院中からの退院に向けての準備

具体的には、入院中からの退院に向けての準備が必要です。

病院内での連携はもちろん、施設と地域医療・保健・福祉の連携が重要です。訪問看護師が積極的に患者さんの元へ出向き、退院後の不安をできる限り緩和できるような関わりが必要です。

常に「患者の生活の場」をイメージしながら準備を進めていきます。

より専門的な知識と正確な判断

医療の高度化に伴い、実際の現場では正確な看護技術を提供する必要があります。

医師が不在の中での急変時の対応など、訪問看護師にはより専門的な知識と正確な判断が求められます。

医療・福祉機関との連携・協働を維持するチームワーク力とケアマネジメント能力

患者・家族を地域全体で支援していくためには、医療・福祉機関との連携・協働を維持するチームワーク力と、ケアマネジメント能力が必須と言えます。

特に近年は一人暮らしの高齢者などが増加し、介護不足が問題となっています。訪問看護師のみでケアを引き受けることは困難です。他機関と上手く連携し、患者・家族が安心して生活できるよう協働していく事が大切です。

おわりに

これからの訪問看護に求められるのは、在宅生活を念頭に置きながら生活の支援を進めていく一方で、高度医療の必要な療養者の在宅生活に対応していく事と言えます。それが患者・家族のQOLの向上にはとても重要です。

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!