いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

術後の全身状態の観察 呼吸・循環の管理

術後の全身状態の観察 呼吸・循環の管理【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 術後の呼吸・循環の管理の必要性を理解し確実に管理することができる

体温

  • 術後は低体温になりやすく、低体温が続くと循環障害が起こる
  • 低体温を防ぐために保温を行うことが重要であり、患者の状態に合わせて、室温や掛物の調整を行う
  • 必要に応じて、電気毛布などで十分に保温する

脈拍・血圧

  • 術後は、出血などにより血圧が低下しやすい
  • 出血量の観察・出血の性状・ドレーンからの出血量・浸出液の有無・輸液量・尿量などの観察が重要である
  • 検査データ・心電図モニター・血圧低下の徴候(チアノーゼ・四肢冷感など)の観察も合わせて行う

気道確保

  • 舌根沈下などの麻酔の影響や半覚醒状態での呼吸状況の悪化を防ぐため、気道確保が大切である
  • 呼吸数だけでなく、肺のエア入り(胸郭の動きの確認)や呼吸音なども観察する

酸素吸入

  • 術後は麻酔の影響で酸素投与をすることがある
  • 半覚醒状態なので無意識のうちに酸素マスクや経鼻酸素チューブなどを外そうとする言動がみられる
  • 確実に酸素投与が行われているか確認することが重要である

IN/OUTのバランス

  • IN(身体に入るもの)として、術前からの輸液や輸血・抗菌薬の点滴などがある
  • OUT(身体から出るもの)として、出血・不感蒸泄・排泄などがある
  • IN/OUTのバランスが崩れると、脱水症状や電解質のバランスが崩れる
  • 命にかかわることもあるので、経時的にIN/OUTの確認を行うことが大切である

 

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!