いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

コンパートメント症候群の予防とケア

コンパートメント症候群の予防とケア【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • コンパートメント症候群のメカニズムを理解し、適切なケアを行える

コンパートメント症候群とは

  • 筋膜・骨・骨膜などで囲まれた区画(筋区画)をコンパートメントとよぶ
  • ある一定のコンパートメント内圧の上昇によって、その中の血流・組織灌流が障害されることがある
  • このまま放置すると、神経・筋・血管・腱に不可逆的な機能障害や壊死をきたす病態をコンパートメント症候群という
不可逆的な機能障害や壊死であるため、一度起こってしまうと機能改善は望めない
  • 前腕のコンパートメント症候群の後遺症としてフォルクマン拘縮がよく知られている

好発部位

  • 上肢:前腕(拳側・橈側・背側コンパートメント)
  • 下肢:下腿(前方・深後方・浅後方・外側コンパートメント)

発生原因

  • 前腕:外傷(上腕骨顆上骨折・前腕骨骨折・肘関節脱臼)
         不自然な肢位での長時間圧迫など
  • 下腿:下腿骨折・打撲・強い捻挫・腓骨筋断裂など

術後のコンパートメント症候群

  • 整形外科領域での術後に、コンパートメント内への術後出血などが原因でコンパートメント症候群をきたすことがある
    • 過度の手術操作
    • 骨髄内のリーミング操作(掘る、削るなどの手技のこと)
    • 筋膜や皮膚に無理な緊張のかかる創閉鎖
  • 術後早期の患肢下垂は血液やリンパ液の循環を阻害しコンパートメント症候群をきたす誘因となる

臨床症状

  • 患部の著明な腫脹、水疱
  • 疼痛の増強
    • 圧が上昇して障害された筋肉を他動的に伸展すると疼痛が誘発される
  • 当該神経の知覚・運動障害
  • コンパートメント内圧計測値が30mmHg以上という状態が持続する(50mmHg以上は緊急手術適応)
  • 症状が進行した場合、障害されたコンパートメントより末梢での動脈拍動が低下する

治療

経過観察

  • 神経症状や機能障害がなく、疼痛・腫脹が軽度であれば、慎重な経過観察を行う
  • 細動脈循環が保たれるように患肢を挙上し、局所の冷却を行う

手術

  • 障害が起きているコンパートメントを覆う部位の、筋膜切開術を施行し、除圧を図る
    • 前腕では、屈筋群の筋膜切開と同時に手根管開放を行う
    • 下腿では、前方・深後方・浅後方・外側コンパートメントの筋膜切開を行う
  • 開放創のまま減圧をはかる場合、頻回のガーゼ交換や感染予防への配慮が必要となる
筋肉は6~8時間の疎血で不可逆的な変化をきたすため、診断が確定すれば早急に治療(場合によっては緊急手術)を行う必要がある
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!