術後の全身状態の観察 麻酔による影響

術後の全身状態の観察 麻酔による影響【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 麻酔の種類に合わせた合併症を理解し、術後の観察や全身状態の管理に活かすことができる

麻酔の種類

脊髄くも膜下麻酔

  • 一般的に「腰椎麻酔」ともいわれる
  • 合併症として、頭痛や尿閉などがある
    • 脊髄腔からの髄液の流出により、脳圧の低下や脳支持組織の牽引などが原因で起こり、術後1日程度で発症する
    • 立位・座位で増悪するため、安静・輸液・鎮痛薬投与などが行われる
  • 術後は、時間の経過とともに下肢の運動や知覚などを観察し覚醒状況を確認する

硬膜外麻酔

  • 合併症として、穿刺時の血管損傷や硬膜穿刺、髄膜炎、硬膜外血腫・硬膜外膿瘍などがある
  • 術後はバルン式の精密持続注入ポンプを装着していることも多い
  • 術後は、時間の経過とともに下肢の運動や知覚などを観察し覚醒状況を確認する
  • 下肢のしびれや運動異常が新たに出現したり悪化した場合は、医師に報告する
硬膜外麻酔施行時の合併症として、術後に意識の覚醒がみられても全身に麻痺を訴える場合は、硬膜穿刺による全脊椎麻酔の可能性があるため、十分な観察を行う。

全身麻酔

  • 麻酔薬や筋弛緩薬を使用するため、呼吸抑制や低酸素症を起こすことがある
  • 呼吸状態の観察とパルスオキシメーターによるモニタリングが大切である
  • 術後は半覚醒の状態で帰室することも多く、意識レベルの観察も重要となる
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!