いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

骨密度検査の介助

骨密度検査の介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 骨密度検査の介助について理解を深め、適切な介助ができる

検査の概要

  • 骨の密度を調べる検査である
  • 統計学的データを元にした、若年者平均(Young Adult Mean:YAM)を判定基準とする
    • 骨密度70%未満:骨粗しょう症
    • 骨密度70~80%未満、かつ脊椎骨折がある:骨粗しょう症
    • 骨密度80%以上:問題なし
  • 特に65歳以上の女性では骨粗しょう症の罹患率が高いため、骨粗しょう症の予防には、健診などで定期的に測定することが有効である

方法

DXAまたはDEXA(Dual Energy X-ray Absorptiometry)法

X線の2種類のエネルギーを使用し、骨と軟部のX線の吸収差の違いをもとに、骨密度を測定する

検査部位は全身骨はもちろん、股関節、腰椎など多岐に渡り、制度が高いことから、現在の標準的手法である

QUS(Quantitative UltraSound)法

主に踵を中心に超音波を用いて測定し、超音波の減衰率と伝搬速度をもとに評価する

 放射線被爆が全くなく、導入コストが比較的安価であることがメリットだが、測定の精度はやや低めといわれている

RA(Radiographic Absorptiometry)法

手骨の部分をエックス線を用いて撮影し、フィルムの濃度をもとに測定を行う

QCT(Quantitative Computed Tomography)法

CTを使用してX線吸収係数を測定し、骨密度を算出する

 放射線被爆が他の測定法よりも多いデメリットがある

腰椎の海綿骨部分を選択的に測定することが可能である

アセスメント

  • 加齢に伴い、特に女性の場合は骨密度が低くなることによって骨がもろくなり、進行すると骨粗しょう症となる
  • 骨粗しょう症になると、軽い転倒やでも骨折のリスクが高まる
  • 骨折の部位や程度によっては、患者のQOLに著しく影響を及ぼす恐れがある
高齢者が、特に脊椎や下肢を骨折すると、寝たきり状態から要介護状態へ移行することが多い
  • 特に65歳以上の女性の場合は定期的に骨密度の測定を行い、適切な対処や治療により骨粗しょう症(あるいはその悪化)を予防することで、ねたきり状態の予防につながる
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!