いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

脳シンチグラフィの介助

脳シンチグラフィの介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  •  脳シンチグラフィの介助について理解を深め、適切な介助ができる

検査の概要

  • 脳の血液の状態などを把握できる検査
  • 脳梗塞、クモ膜下出血、認知症(アルツハイマー型認知症)、てんかん、もやもや病、パーキンソン病や虚血性疾患など様々な脳疾患の鑑別に有用

方法

  1. 患者に薬剤の注射をすることを説明し、薬剤投与後、約15分安静にしてもらう(検査中に注射をする場合もある)
  2. 検査用の台に仰臥位で臥床するよう促す
  3. 検査中は頭を動かさないよう説明する

アセスメント

  • 脳血流シンチグラフィで使用する放射性医薬品は3種類あるため、どれを使用するのかを事前にしっかり確認する
    • 放射性医薬品の種類:123I-IMP、99mTc-HMPAO、99mTc-ECD
    • 123I-IMPを使用する場合は、1回目の撮影から2回目の撮影まで、2時間程度の時間が必要となることがある
    • 2回目の撮影終了後は、膀胱への被爆を最小限にするため、できるだけ水分を補給し、排尿を促す
  • 脳循環予備能を測定する検査を施行する場合、強力な利尿作用がある薬剤(アセタゾラミド=DIAMOX)を使用する
  • 途中で検査を中断することはできないため、尿意がある場合は尿器を用いて排尿を行ってもらうことを説明する

注意点

  • 検査は30分~50分程度を要すること、食事制限は不要であることを説明する
  • 利尿剤(アセタゾラミド=DIAMOX)には、以下のような禁忌例がある
    • DIAMOXや、スルホンアミド系薬剤に対してアレルギーがある場合
    • 急性腎不全、無尿
    • 進行性の肝硬変や重度の肝機能障害
    • 高度の電解質異常
    • アジソン病
    • 副腎機能不全
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!