トレッドミル運動負荷試験の介助

トレッドミル運動負荷試験の介助【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • トレッドミル運動負荷試験の介助について理解を深める

検査の概要

  • ベルトコンベアの上を歩いてもらい、血圧や心電図を同時に測定することにより、潜在性の心臓疾患を発見する

トレッドミル運動負荷試験の目的

  • 患者の運動能力を把握する
  • 心筋虚血をあえて誘発することにより、隠れた冠動脈疾患を発見する
  • 運動に対する不整脈の誘発の有無を調べ、今後の運動が安全に行えるか否かを判断する

方法

  1. 検査の所要時間が35分程度であることを伝える
  2. 肩・胸・腰の部分に心電図の電極を貼る
  3. 安静時の心電図を記録し、血圧測定を行う
  4. ベルトコンベアの上を歩いて頂き、血圧と心電図を同時に測定する
  5. 3分おきに傾斜とベルトの速度を上げ、運動量を徐々に増加させる
  6. 運動が終了したら、自覚症状の有無、血圧・心電図の回復状態を観察する

アセスメント

  • 運動をいつ終了するかは自覚症状(呼吸困難、胸部痛、足の痛みなど)や心電図変化、運動目標の到達、血圧の状態などをもとに判断する
  • 患者の状態により、無理に施行せず、中断することもある
  •  自覚症状が出現した場合は速やかに医師に報告する

注意点

不安定狭心症や胸痛がある場合は禁忌である
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!