いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、797トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

術後DVTの予防とケアのポイント

術後DVTの予防とケアのポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 術後DVT(深部静脈血栓症)の予防とケアのポイントについて理解し、適切なケアを行う

観察項目

  • 下肢の腫脹、表在静脈の怒脹の有無
  • 疼痛(圧迫痛) ・発赤の有無と程度
  • 爪床・皮膚などのチアノーゼ
  • 発熱の有無
  • 尿量、尿回数、飲水量
  • 下肢運動の実施状況

アセスメント

  • DVTは、さまざまな原因により、下肢に血流のうっ滞がに生じ、深部静脈に血栓が形成される
  • DVTは予防対策を講じていても起こってしまう危険性が高い
  • 十分な観察を行い、異常の早期発見につとめる
  • 異常時や緊急時に早期対応するための準備が必要である

DVTを起こしやすい要因

血栓を起こしやすい要因と因子

  • 血管内膜損傷
    • 手術、カテーテル挿入、骨折、外傷などによって静脈壁の損傷が起こることにより、抗血栓機能の破綻、血小板や凝固因子の活性化が生じ、血小板の粘着性が増すことから血栓が形成される
    • 因子には骨折、外傷、手術、カテーテル検査・治療、中心静脈カテーテル留置、血管炎、高ホモシステイン血症、抗リン脂質抗体症候群などがある
  • 血流の停滞
    • 血液の停滞が原因で活性化された凝固因子や血小板が希釈されずに局所で濃縮 され、血管壁との接触時間が長時間に及ぶことで血栓が形成される
    • 因子には全身麻酔、ギプス包帯固定、脱水、麻痺、同一姿勢、安静臥床、うっ血性心不全などの心肺疾患、肥満、妊娠がある
  • 血液凝固能の亢進
    • 凝固機能や抗血栓機能のバランスが崩れることで血栓が形成される
    • 因子には手術、骨折、外傷、熱傷、脱水、妊娠、悪性疾患、炎症性腸疾患、ネフローゼ症候群などがある

看護のポイント

血流停滞に対する予防方法

早期離床

  • 安静臥床中に患者自身が行えるよう、術前から下肢の運動について説明用紙などを用いて指導を行う
  • 術後は、医師の許可が出次第、患者に運動を勧める
  • 運動の時間は厳密に決めず、適宜患者のペースに合わせて行い、チェックリストなどに記入する
運動療法の例

自動運動

  1. 寝たままの状態でつま先を下へ向けて足の甲を伸展させる
  2. つま先を上げる
  3. 足の指を開じ、グーの形を作る
  4. 足の指を開き、パーの形を作る
  5. 足首を回す
  6. 膝の屈伸運動を片足ずつ行う
    • 1~6までの運動を1セットとし、1日5セットを行う(各運動を5回ずつ)

他動運動

  1. 踝を支えながら持ち、足関節を片足ずつ背屈させる運動を行う
  2. 片方の手で膝を、もう片方の手で足関節を支えながら膝の屈伸運動を行う
安静臥床中などで自動運動が不可能の場合は、他動的に下肢の運動を行い、血流の停滞を防止する

 圧迫療法

  • 弾性ストッキングによる圧迫)
  1. 弾性ストッキングの入り口の部分を両手で持ち、先端部を整えながら爪先の位置を合わせる
  2. 踵の部分が正しくおさまっていることを確認しながら、しっかりとくぐらせる
  3. 膝までしわ、たるみ、よじれがないように引き上げる
痺れや疼痛、かゆみやむれ、圧迫による潰瘍形成、血流障害、接触性皮膚炎などがないか定期的に観察を行う(最低1日1回はストッキングを全て脱いでもらう)
  • 弾性包帯による圧迫
  1. 包帯を足先側の足趾下から巻きはじめ、外側から内側に向けて巻いていく
  2. 引っ張りすぎないように注意しながら、包帯を外側へ引っ張り、その圧力で内側へと巻き圧迫を行う
きつすぎず、ゆるすぎないように巻き、痛みや痺れ、チアノーゼが出現しないことを確認する
  • 間欠的空気圧迫法
  1. 本体の圧力ダイヤルを40mmHgに設定する
  2. ふくらはぎの裏にスリープの中心部分があたるようにし、指1本位の隙間をあけて装着する
原則的に術前または術中より、血栓がないことを確認してから装着を開始する

安静臥床中は1日中着用を行い、離床後も十分な歩行できるまでは着用を続ける

脱水予防

  • 血栓を誘発しないよう、水分出納管理と共に、こまめに水分摂取を促す
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!