いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

術後創部疼痛へのケアのポイント

術後創部疼痛へのケアのポイント【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 術後創部疼痛へのケアのポイントについて理解を深め、適切なケアを行う

観察項目

  • 感染徴候(発熱、炎症所見、創部の腫脹・発赤・疼痛・熱感、創からの浸出液、ドレーンからの排液の性状や量の変化 など)
  • 疼痛の部位、強さ、程度、持続時間、出現頻度
  • 鎮痛薬の使用頻度・効果の有無と持続時間
  • 排便・排ガスの有無、便の量、性状、回数
  • 痛みの出現状況(空腹時、食後、夜間など夜間)
  • 疼痛が軽減する体位の有無
  • 各種ルート類やドレーンの留置状況
  • 表情・言動
  • 不眠の有無・睡眠状況

アセスメント

  • 創部の位置(正中創・開胸創・横切開創)や状態、開腹の程度などによって、痛みの程度は異なり、手術時間・部位、手術創の大きさ、手術侵襲の程度などに大きく左右される
  • 腹腔鏡手術の場合、手術侵襲は少なく傷も小さいため、創痛は比較的少ない
  • 開腹正中創の場合は、腹部に創があるため、咳嗽時や起床時に痛みが強くなりやすい
  • 横切開創の場合は、肋間神経痛が出現しやすい
  • 創痛は術後2~6時間が一番強く、術後1~2日程度で痛みが和らぐことが多い
  • 消化器外科手術の開腹手術の場合、体動による筋緊張などから強い痛みが出現しやすい
  • 患者側の要因としては、年齢、性別、元々の気質や過去の手術経験などによっても個人差がある
  • 痛みは非常に苦痛を伴い離床の遅れや体力の消耗など回復過程にも影響を及ぼすため、痛みのコントロールが必要である

看護のポイント

効果的な鎮痛剤の使用

  • 疼痛の程度や出現状況に応じ、鎮痛薬の投与間隔を把握しながら効果的に使用する
  • 就寝前や離床前など休息あるいは身体負荷がかかりやすい場面の前に予防的に鎮痛剤を使うことも考慮する
疼痛緩和は、術後の回復過程や患者との信頼関係に大きな影響を及ぼすため、痛みのアセスメントを随時行いながらコントロールすることが非常に重要である

姿勢保持・体位の援助

  • 腹圧などにより創痛は増強するため、膝の屈曲や上半身の拳上、セミファーラー位(下肢も少し拳上する)や安楽枕の使用など疼痛が和らぐ体位を工夫する
  • 咳漱などで腹圧がかかる場合は、創部を押さえながらかがむよう説明する
  • 起き上がりの際は、上半身を45度程度にベッドアップさせたり、側臥位からの起き上がりをするよう説明する
褥瘡の発生や臥床に伴う筋肉痛予防するためにも体位調整は重要である

罨法

  • 熱感や表在性の痛みが局所にある場合は、冷罨法で痛みを和らげる効果が期待できることもある
  • 腹部を保温すると筋緊張が緩和するため、腹部膨満感がやわらぐ場合がある
腹膜炎や急性虫垂炎など、局所に浮腫や炎症あるいは出血などがある場合、温罨法は禁忌である

精神的ケア

  • 患者にとって疼痛による苦痛は大きいため、痛みに伴う辛い気持ちに対して受容的態度で接する
  • 痛みをコントロールすることが早期離床へとつながり、創部の治癒が促進されるため、さらに疼痛が緩和される好循環が起こりうることを伝える
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!