いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

イレウス管挿入・造影検査

イレウス管挿入・造影検査【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • イレウス管挿入・造影検査について理解を深め、適切な介助ができる

検査の概要

  • イレウス管から造影剤を注入して、小腸を造影する
  • X線撮影画像により、閉塞部位を特定することが出来る
  • イレウス(腸閉塞)とは、様々な原因で腸管が閉塞し、食べ物や消化液、便などの通過障害が起こった状態である

観察項目

  • バイタルサイン、全身状態の観察
  • 腹部膨満の有無
  • 腹痛、嘔気・嘔吐など消化管症状の有無
  • 便秘の有無、排ガスの状態

手順

イレウス管挿入

  • 胃管やイレウス管を経鼻から挿入する
  • 胃や腸管内にあるガスや内容物を吸引し、消化管内の減圧をはかる
  • 絞扼性イレウスの場合は、急激に全身状態が悪化するため、ほとんどの場合、緊急手術が必要となる
  • イレウス管は、胃を超えて小腸まで管を進めていくため、直接拡張した腸管内容物を排除できる有効な処置である

造影

  • 造影剤をイレウス管に注入して小腸の造影を行う
  • 癒着性イレウスの程度が軽度の場合は、保存的な治療で治癒する場合がある
  • 通常、保存的治療は 4~7日程度行う

アセスメント

  • 絞扼性イレウス(腸の捻転・血流障害を伴う)は重症化しやすく、腸管の血流が障害されて腸管に壊死が起こり、穿孔腹膜炎を合併する場合がある
  • 腹膜炎の併発によりショック状態となると、生命にかかわる危険が大きくなる
  • 手術が必要となる場合
    • 腹痛・腹部膨満感などの改善が認められない
    • 排便や排ガスが見られない
    • 腹部レントゲンで小腸ガスの減少や消失が見られない
    • イレウス管や胃管からの排液量が減少しない
    • 完全に腸管が閉塞している
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!