いまさら聞けない看護技術

あした仕事でドジしないようにしっかり復習しましょう。
現在、796トピック公開中! ⇒「看護技術」の一覧を見る

創外固定中の管理

創外固定中の管理【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 創外固定中の管理について理解を深め、適切なケアを行う
    • 創外固定は、骨髄炎、感染性偽関節や開放骨折など病変部や骨折部の直接的な処置が困難な場合の固定、骨や関節の変形矯正、骨延長の目的で施行される

必要物品・準備( 創部洗浄の場合)

  • 摂子
  • ガーゼ
  • 綿棒
  • 弾性包帯(あるいは布製カバー)

方法

創外固定中のケアの場合

  1. 布製カバーを創外固定器に合わせて作るよう指導する
    • 布製カバー(綿)は縦の幅が創外固定器の長さ+15~20cm、横の幅がリングの外径+15~20cmの長方形型の布を用いると良い
  2. 布を広げ、上下の横幅の中央部分をそれぞれ内側に折り返して縫う
    • 縦幅の中央部分を互いに筒状に縫い合わせ、横幅の部分に紐かゴムを通す
  3. 着脱しやすいよう衣服にも切り込みを入れるなどの工夫を行う
  4. 創外固定に伴い、足関節の可動域に制限が生じる場合、足底板などを利用して尖足を予防する
  5. 足底板のワイヤーは痛みが起こらない程度に引っ張り、常に装着できるようにする

創部洗浄の場合

  1. 綿棒やガーゼを使用して、丁寧に洗浄する
    • 創外固定器、ピンの順番で洗浄するとよい
  2. ピン刺入部以外の皮膚を洗う
    • ピン刺入部から外側へと綿棒を用いて洗う
    • ピンの周囲に浸出液や血液が付いている場合は、十分にふやかしてから汚れを落とす
    • ピンごとに綿棒を新しい物に交換しながら近位から遠位へ洗浄する
    • 感染しているピンがある場合は、そこから洗浄する
  3. 創外固定器からピン、ピン刺入部から皮膚の順番にガーゼ交換を行いながら、水気を拭き取っていく
  4. ピン刺入部から浸出液が出ている場合は、ガーゼを巻く
  5. 弾性包帯あるいは布製カバーをする
身体を洗う場合は、カバーや弾性包帯を外し、創外固定部に汚れが付かないよう、最初に身体を洗った後、創外固定部の洗浄を行う

観察項目

  • 骨折部や創部の疼痛の有無
  • 創部からの出血や浸出液の有無
  • 循環障害の有無(動脈の拍動状態、冷感、浮腫、皮膚・爪の色、プレッシャー反応)
  • 末梢神経障害の有無(しびれ、疼痛、知覚鈍麻、神経麻痺)
  • 深腓骨神経麻痺(第 1~2趾間のしびれ母趾背屈制限)
  • 坐骨神経麻痺の有無
  • ピン刺入部の発赤、腫脹、疼痛、浸出液、ゆるみの有無
  • 関節拘縮の有無
急性期の場合、コンパートメント症候群によって神経麻痺症状が起こることがある

アセスメント

  • 創外固定器には片側支柱型、リング型がある
  • 片側支柱型には、オーソフィクス、モノチューブなどがある
    • 骨折部の固定や、単純な骨延長の場合に使用される
    • 骨折の初期固定にはホフマンⅡが用いられることが多い
  • リング型にはテーラースペーシャルフレーム、イリザロフがある
    • 強いな固定が必要な場合や大きな変形の矯正に用いられる

 

「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント

仕事がうまくいかないナースのあなたへ

思い切って転職してみませんか?

転職をより有利にすすめるための方法や、自分にあった転職サイトの選び方などを、元・看護師、ツバキの過去の経験をもとにまとめています。

あなたの悩み、ツバキに相談してみませんか?

元・看護師として、たくさんの悩み相談や転職相談にのってきた経験をもとに、あなたの立場に立ったアドバイスを一生懸命お答えします。

ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
ナースフル
転職支援実績No.1のリクルートグループ
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 看護のお仕事 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!