マンガでナースあるある 【6】-ギプス固定を温水でやると…

それは、冬の寒い時期にギプス固定の介助についたときのこと…

3coma3_1

骨折や術後患者のギプス固定にはスコッチキャストを使用する。

 

このスコッチキャストというのは、そのままではフェルトの布のような素材である。

水に浸し水分を含むと、とても柔らかくなって自在に形を変え、体にスムーズに密着させることができる。

そして水分が乾いていく過程で固まり、良肢位に固定することができる。

 

ギプス固定時、スコッチキャストはバケツに入った水に浸すのだが、寒い時期、冷たい水に手を入れるのは正直しんどい。

医師も大変だろうと考え、少しでも介助が楽になるように、と私は…

 

3coma3_2

温かいお湯を準備した。

 

しかし!

 

スコッチキャストは温かいお湯に浸すと、すぐに固まってしまうため、水は、必ず冷水を準備しなくてはいけなかったのだった。

 

その結果…

 

3coma3_3

医師は急いでギプス固定を行わなくてはならなくなり、二人で慌てて処置を行うことになってしまった。

気を利かせたつもりが、逆に迷惑をかけてしまうことになってしまったのだった。

 

ギプス固定用の水は必ず冷水を準備する…!
と肝に銘じた経験であった。

 

 

ギプス固定について、もっと詳しく確認したい方はこちらのページもご覧ください↓

 

「ナースハッピーライフ」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント