感染経路別にみた予防策の例

感染経路別にみた予防策の例【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 感染経路別にみた予防策について理解を深め、適切なケアを行う

感染経路別予防策とは

  • 感染防止対策が必要となる病原体や、伝播性の強い病原体に感染した患者に対して行う
  • 感染症がある場合はもちろん、感染の疑いがある場合にも、スタンダードプリコーション(標準予防策)だけではなく、感染経路別予防策も行う
  • 感染の疑いが生じた時点から、感染経路別の予防策は必要
  • これにより、病原体が伝播する機会を減らすことができる

飛沫感染

  • 病原体を含んだ飛沫を吸い込み、それらが口腔内や咽頭の粘膜に付着することで感染する
  • 病原体そのものは5μm以下のサイズであっても、周囲には唾液などの水分があるので、サイズは大きくなる

病原体の例

  • 溶連菌
  • 百日咳菌
  • インフルエンザウイルス
  • 風疹ウイルス
  • マイコプラズマ
  • ムンプスウイルス(流行性耳下腺炎)    など

防護具

  • 患者のいる部屋に入室する際は、サージカルマスクを着用する

患者をどのように配置するか

  • 個室あるいは集団隔離が望ましい
  • 同室内で複数のベッドがある場合、カーテンで仕切り、ベッドの間隔は1m以上あける

必要物品

  • 標準予防策に準ずる
患者の移送は必要最低限とし、止むを得ない場合は患者もサージカルマスクをつける

空気感染

  • 空気中に存在する微粒子が吸い込まれ、それらが肺胞に到達し、定着することで感染する

病原体の例

  • 結核菌
  • 水痘・帯状疱疹ウイルス
  • 麻疹ウイルス    など

防護具

  • 患者のいる部屋に部屋に入室する際は、N-95マスクを着用する

患者をどのように配置するか

  • 空気感染隔離室が望ましい

必要物品

  • 標準予防策に準ずる
患者の移送は必要最低限とし、止むを得ない場合は患者もサージカルマスクをつける

接触感染

感染経路

  • 患者に使用した物品や感染源となるものに直接接触した場合
  • 環境表面との間接的な接触

病原体の例

  • MRSA、VRE、MDRPなどの多剤耐性菌
  • 単純ヘルペスウイルス
  • ノロウィルス、ロタウイルス
  • アデノウイルス(流行性角結膜炎)
  • クロストリジウム、ディフィシル    など

防護具

  • 部屋への入室:ガウンおよび手袋を着用する
  • 部屋からの退室:ガウン・手袋を脱いで適切に処理してから、しっかりと手指衛生を行う

患者をどのように配置するか

  • 個室あるいは集団隔離

必要物品

  • ベッド柵・オーバーテーブル・床頭台など、患者が直接触れる可能性があるものは1回/日以上消毒する
  • バイタル測定用に、患者専用の体温計・血圧計・聴診器を準備する
  • 使用後は適宜消毒する
患者の移送は、部屋の外に出る時に排菌部位の被覆と手指衛生を十分に行い、使用したストレッチャーや車いすなどの移送具は消毒し、リネン類の交換を行う
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!