血液ガス分析1 経皮的動脈採血

血液ガス分析1 経皮的動脈採血【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 経皮的動脈採血について理解を深め、適切なケアを行う

必要物品・準備

  • 血液ガス測定用採血キット
    ※シリンジ、採血針、安全シールドなどが一体になっている
  • 絆創膏(圧迫シール)
  • 処置用シーツ
  • トレイ
  • 手袋(未滅菌で可)
  • アルコール綿
  • 針捨て容器

方法

  1. 患者の体位を整え、処置用シーツを敷く
  2. 穿刺部位を十分に露出する
  3. 医師にアルコール綿を渡し、消毒する
  4. 医師が拍動を確認し、動脈に対して垂直に穿刺する
    ※医師が穿刺する際、患者に体を動かさないよう声掛けをする
  5. 十分な圧迫止血が行われるよう、医師にアルコール綿もしくはガーゼを手渡す
    ※看護師が圧迫止血を行う場合は、拍動が触知できるような圧迫を行い、止血の確認は必ず医師が行う
  6. シリンジの中に空気が混入しないよう針を密封する
  7. シリンジをきりもみ状に回転させながら混和させる
    ※シリンジ内には予め、わずかな量の抗凝固剤(ヘパリン)が入っている
  8. シール用プロテクターを使用する場合はリキャップを行う
    ※リキャップ時は、針刺し事故を起こさないよう、十分に注意する
  9. 医師により止血が完了(目安は5~10分)したら絆創膏あるいは圧迫シールを渡す
    絆創膏で固定する場合、十分に圧迫するため十字形に固定を行う

観察項目

  • 疼痛、悪心、気分不快、しびれ感、知覚低下などの有無
  • 穿刺後の出血の有無
  • 圧痛、血腫、神経損傷の有無
  • 末梢の脈拍が正常に拍動しているか

アセスメント

  • 動脈血採血の穿刺部位には主に橈骨動脈、上腕動脈、大腿動脈、足背動脈があるが、穿刺が比較的容易な大腿動脈が選択されることが多い
  • 大腿動脈の穿刺を行う場合は、不潔にならないように鼠径部の十分な露出を行う必要がある
  • 橈骨動脈からの穿刺の場合、小枕を手関節の背側に置いて手首を軽度伸展させ、テープなどを用いて手を固定するとよい
  • 空気に採取した血液が触れると検査結果に変動がみられるため、シール用プロテクターやゴム栓で密封させた後、十分に抗凝固剤と混和させる目的できりもみ状にシリンジを回転させる

注意点

    • 患者の羞恥心に配慮した介助を行う
    • アルコール禁の患者の場合、イソジンやヒビテン消毒液を用いる
    • 針を取り扱う際には針刺し事故に十分気をつける
    • 圧迫用のシールは長時間の貼用により皮膚トラブルや循環障害を起こす可能性があるため、医師に指示された時間になったら剥がすのを忘れないようにする
抗凝固剤を内服している患者は出血のリスクが高いため、十分な観察を行う
本コンテンツの情報は看護師監修のもと、看護師の調査、知見、ページ公開時の情報などに基づき記述されたものですが、正確性や安全性を保証するものでもありません。
実際の治療やケアに際しては、必ず医師などにご確認下さい。
また、本コンテンツの情報により発生したトラブル、損害、不測の事態などについて、当社は一切の責任を負いかねますので、予めご了承いただきますようお願いいたします。
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!