心臓リハビリテーションの基礎知識

心臓リハビリテーションの基礎知識【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 心臓リハビリテーションの基礎知識について理解を深める

心臓リハビリテーションの目的

  • 心臓血管疾患の患者の再発予防や、QOLを改善することを目的とし、運動療法をはじめ、食事、服薬、禁煙などの患者教育やカウンセリングなどのサポートを総合的に行う長期的なプログラムのことをいう
  • 運動療法が中心となることが多い
  • 患者の状態を適宜評価しながら、個々の患者に合わせ、適切な強度の運動を継続することが重要となる
  • 医師、看護師、理学療法士、栄養士、社会福祉士および 在宅看護チームなどさまざまな職種が連携して行う
  • 入院から退院までの約3ヶ月を目安に行うが、このリハビリテーションによって、生存率の上昇や再入院率の低下など成功例が数多くある

心臓リハビリテーションの実際

  • 適応となるのは、急性心筋梗塞、狭心症、心不全、大血管疾患、閉塞性動脈硬化症、心臓手術後(バイパス手術・弁膜症手術など)などの患者
  •  時期により、3つの段階に分類される
    • 急性期(PhaseⅠ):発症(入院)時から退院までの期間
    • 回復期(PhaseⅡ):退院後、社会復帰までの期間
    • 維持期(PhaseⅢ):社会復帰後、生涯にわたる期間
  • 必要となる職種
    • 医師:主に心臓リハビリテーション科や循環器科の医師であり、循環器疾患や運動心臓病学についての教育などを行う
    • 看護師:疾患に対するケア、救急処置、日常生活における指導などを行う
    • 理学療法士:医師の指示のもと、患者への運動指導を行う
    • 管理栄養士:生活習慣病予防のための食事指導を、患者や家族に対して行う
    • 薬剤師:服薬指導を、患者や家族に対して行う
    • 臨床検査技師:運動負荷試験などを行う
    • 臨床心理士:患者のストレスの管理を行い、患者ならびに家族からの精神・心理相談に対応する
今の日本の現状では、回復期や維持期のリハビリが可能な施設が少ないのが現状である
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!