前頭側頭型認知症(ピック病を含む)の基礎知識

前頭側頭型認知症(ピック病を含む)の基礎知識【いまさら聞けない看護技術】

目的

  • 前頭側頭型認知症の基礎知識について理解を深め、適切なケアを行う

患者割合

  • 認知症全体では2~5%程度といわれている
    • 近年になって病態が明らかとなったり、分類が変わっていることなどがあり、把握するのが難しい疾患である

病態生理

  • 前頭側頭型認知症は、前頭側頭葉の変性によって引き起こされる
  • ピック病はその中心であり、病理学的には、ピック球とよばれる異常物質が、脳内に発生している
  • 前頭側頭葉変性症には、認知症症候群と失語症症候群がある
    • 失語症症候群:言葉は滞りなく話せるが、言葉の理解ができない感覚失語的な意味性認知症と、言葉がスムーズに話せない運動失語的な進行性非流暢性失語がある
  • 意味性認知症の場合、言葉の意味や道具の使い方がわからないため、アルツハイマー型認知症と誤診されることも多い
  • ピック病は、ピック球と呼ばれる変性組織が大脳皮質に発生する疾患であり、後方型認知症と呼ばれることもある
  • 前頭側頭型認知症は、前頭側頭葉変性症の中の認知症症候群のことを指し、ほぼ従来のピック病に相当する
  • 若年で認知症になることも大きな特徴であり、多くの患者は64歳以下で発症する
  • 前頭葉の機能低下が起こるとさまざまな行動・心理症状が起こる
    • 前頭葉の機能:外界や体内の情報に対する衝動的反応の抑制、理性的な行動の保持、計画性や意欲を司る
  • 前頭葉そのものの機能低下による症状は、自発性と病識の欠如である
  • 前頭葉の内側側面が萎縮していると、CT上では脳室の拡大が確認される
  • ピック病の患者はしばしば、人格障害や統合失調症などの精神疾患と、間違われることがある

特徴的な症状

常同行動:同じ動作を繰り返す

  • 膝を手でこすり続ける
  • 同じ字を何度も書き続ける

異食:食べ物ではない、という認識の欠如

  • タオルなど食物以外の異物を口にする
  • 口元に鉛筆や箸など長いものが近づくと吸おうとする
  • 指しゃぶりをする

食行動の異常

  • 他人の食事を盗む:盗みは悪いことである、という認識がない
  • 甘いものばかり食べる
  • 窒息しそうなほど食べ物を口の中にかきこむ
  • 食べ物を噛まずに丸呑みしようとする

感情面の変化

  • 易怒性、無愛想、無口、強制笑いなど

理解力の低下

  • 相手が話す言葉の意味が理解できない

不合理な行動:「良くないことをしている」という罪の意識の欠如

  • 盗癖:万引きなど
  • 立ち去り行動:診察中に勝手に立ち去るなど
  • 使用行動:勝手に人のものを触る
  • 模倣行為:医師の診察時に診察行為を真似るなど
  • 反響言語:オウム返し
  • 強制的音読:文字を大声で読み上げるなど

尿失禁

  • 子どもの発達を逆にたどるようにおむつへと戻る
「いまさら聞けない看護技術」の最新情報をチェックしよう

当サイトは、「あした仕事で使う知識を学べる」ナース専用のハウツーサイトです。
Facebook または Twitter で最新情報をチェックして、職場の同僚と差をつけよう!

公式Twitterアカウント
ナースの転職サイト比較ランキング ベスト5

ナースハッピーライフ管理人が考える、一番おすすめの転職サイトをご紹介します。
「そろそろ転職かも・・・」とお考えのあなた、下記の転職サポートサービスを利用することをオススメいたします。

看護roo!(カンゴルー)
関東・関西・東海エリア専門
詳細はコチラ
看護のお仕事
求人数は業界トップクラス
詳細はコチラ
マイナビ看護師
全国の求人ならこちらもオススメ
詳細はコチラ
4位 ナースフル 詳細はコチラ
5位 ナース人材バンク 詳細はコチラ

もっと詳しく知りたい方は、「ナースの転職サイト比較ランキングBest5」をご覧になり、自分にあった転職サイトを探してみてください!